[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強烈ダウンの京口紘人を救った日本人レフェリーに称賛の嵐 「ここにもプロの仕事」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ちした。2度のダウンを喫した京口にレフェリーがストップ。判断のタイミング、動きが米記者から絶賛されていたが、日本人ファンからも「あっぱれ」「ここにもプロの仕事」と話題を集めている。

7回、右ストレートで京口紘人にTKO勝ちした寺地拳四朗【写真:荒川祐史】
7回、右ストレートで京口紘人にTKO勝ちした寺地拳四朗【写真:荒川祐史】

染谷路郎レフェリーにSNS称賛「もっとスポットが当たってもいい」

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ちした。2度のダウンを喫した京口にレフェリーがストップ。判断のタイミング、動きが米記者から絶賛されていたが、日本人ファンからも「あっぱれ」「ここにもプロの仕事」と話題を集めている。

 無駄なくスムーズに割って入った。打ち合いとなった拳四朗VS京口。7回残り30秒、リング中央で拳四朗のワンツーが京口の顔面を捉える。ふらついたところで追撃の右。なんとか魂で踏ん張ろうとしたところに拳四朗がにじり寄ったが、すかさず染谷路郎レフェリーが間に入った。強烈なパンチを浴び、ロープにもたれる京口が頭部をキャンバスに打たぬように抱きかかえた。

 鮮烈なTKOを飾った試合後、米専門誌「ザ・リング」でPFPランキング評価委員などを務めるアダム・アブラモビッツ記者は、ツイッターで「レフェリーのミチアキ・ソメヤによる、またも完璧なストップ」と絶賛。ツイッター上の日本人ファンからも称賛の嵐が巻き起こっている。

「流石染谷レフェリー」
「そしてレフリーに『あっぱれ』を!」
「選手と同じくらいお見事です」
「素晴らしい判断と動き。日本のレフェリーは本当にレベルが高い」
「もっとスポットが当たってもいい」
「レフェリーがプロフェッショナルで『ありがとう』って泣きそうになる」
「なんというプロフェッショナル」
「染谷さんのレフェリングは完璧だな。必ず選手を守る」
「絶妙のタイミングで飛び込んで止めてる! 更に京口が倒れて頭を床に強打する前に抱き止めてる!」
「ここにもプロの仕事があります」

 染谷氏は過去に井岡一翔―田中恒成戦などでもストップのタイミングが称賛され、判断力に定評がある。拳四朗は5回にダウンを奪った直後に京口の反撃を受け、ふらつきながら連打を浴びた。2日は一夜明けて会見。指導する三迫ジムの加藤健太トレーナーは、反撃を受けたシーンについて「レフェリーが近くで見ていた。あそこで止められる可能性もあったので危なかった」と、染谷レフェリーの姿勢について振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集