[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

京口紘人、蘇ったダウン直後の猛攻にSNS大興奮「不屈の精神に感動」「リアルに声出た」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ち。日本人5人目の複数団体王座統一に成功した。敗れたものの、5回にダウンを喫した京口は反撃。コーナーに拳四朗を追い詰めるなど猛攻を見せて観客を沸かせた。SNS上のファンからは「不屈の精神に感動」「まじで名試合」などと興奮の声が上がっていた。

寺地に左パンチを放つ京口紘人【写真:荒川祐史】
寺地に左パンチを放つ京口紘人【写真:荒川祐史】

寺地拳四朗に敗れるも観客を沸かせる

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)がWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)に7回2分36秒TKO勝ち。日本人5人目の複数団体王座統一に成功した。敗れたものの、5回にダウンを喫した京口は反撃。コーナーに拳四朗を追い詰めるなど猛攻を見せて観客を沸かせた。SNS上のファンからは「不屈の精神に感動」「まじで名試合」などと興奮の声が上がっていた。

 ダウンを喫しても諦めなかった。10年ぶり2度目の日本人同士による王座統一戦。5回に寺地の右ストレートが炸裂した。京口はたまらずキャンバスに倒れる。IBF世界ミニマム級王者だった18年5月のビンス・パラス(フィリピン)戦以来、アマ時代を含めても人生2度目のダウンだった。

「拳四朗」コールの中、寺地は仕留めにかかるが京口はこれに耐える。すると、ラウンド終盤には逆に寺地をコーナーに追い詰め、猛攻を仕掛けたのだった。最後は両者がバランスを崩して倒れるような格好となるほどで、場内は大歓声となった。

 結局7回TKO負けとはなったものの、“蘇った”京口にツイッター上のファンも興奮した様子。「ダウンからの巻き返し、めっちゃ熱かった」「耐えて耐えて反撃に出た所リアルに声出ました」「不屈の精神に感動しました」「5Rの攻防が本当に熱かった 寒さ以外で鳥肌立ったの初めて」「まじで名試合だった」「ボクシングでここまで見入ってしまったのははじめて」などとコメントが集まっていた。

 京口は試合後の会見で「見てくれていた人に、ダウンした後の反撃が良かったと聞いたけど、自分としては記憶が飛び飛び。反撃というのはトレーニングしていたから出たのだと思います。結果が出なかったのは正直悔しい。あの時良かったと言うのはまだ振り返れない。ただやり切ったというのはあります」などと振り返っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集