[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング京口紘人、VS拳四朗にどう出るのか 陣営が「キーになる」と明かした能力

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。京口は10月26日、都内の所属ジムで練習を公開。2人のトレーナーは試合について言及した。

都内の所属ジムで公開練習に臨んだ京口紘人【写真:浜田洋平】
都内の所属ジムで公開練習に臨んだ京口紘人【写真:浜田洋平】

「11.1」寺地拳四朗戦へ所属ジムで公開練習

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。京口は10月26日、都内の所属ジムで練習を公開。2人のトレーナーは試合について言及した。

 決戦はどんな展開になるのか。京口は大一番を前にしても、必要以上に気負うことなく明るい雰囲気で調整。シャドーの後は激しいミット打ち。強烈な左ボディー、フック、アッパーと多彩なコンビネーションを披露し、1時間たっぷりと汗を流した。その後30分はバイクをこぎ、ストレッチでクールダウン。減量はリミットまで残り2キロほどだという。

「(寺地は今までで)一番強い相手。それは素直に認めているし、強敵だと思う。ファイトウィークに入って緊張感を持ってここまで来られた。やってきたことが結果に繋がる」

 8度防衛していた寺地は、昨年9月に一度王座陥落した。抜群の距離感とジャブで主導権を握り、“打たせずに打つ”スタイルから接近戦にモデルチェンジ。今年3月に王座奪還を果たし、遠近どちらの距離でも戦えることを証明した。

 これに対し、京口はどう戦うのかが注目されている。この日は小口忠寛、小林尚睦の両トレーナーも会見に出席。小口トレーナーは「ゴングが鳴らないとわからない。そこでの京口の対応能力は素晴らしいものがある。そこを信じています。相手の出方への対応がキーになる」と説明。多彩な引き出しから、“後出し”で戦えるようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集