[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カーリング吉田知那美、ストーン優劣のまさかの判断基準に笑撃の声「可愛い会話です」

カーリング女子のロコ・ソラーレは、カナダで現地時間23日まで行われたグランドスラム・オブ・カーリング第2戦「ヒアリングライフ・ツアーチャレンジ」に出場した。カナダチームとの試合では、No.2ストーンがどちらのチームか微妙な状況に。ここで吉田知那美が判断した根拠にチームメートも思わず笑い、ファンからも「大笑いが本当に最高です」「楽しい可愛い会話」と反響が集まっている。

吉田知那美が判断したまさかの根拠とは【写真:Getty Images】
吉田知那美が判断したまさかの根拠とは【写真:Getty Images】

グランドスラム大会でまさかの判断

 カーリング女子のロコ・ソラーレは、カナダで現地時間23日まで行われたグランドスラム・オブ・カーリング第2戦「ヒアリングライフ・ツアーチャレンジ」に出場した。カナダチームとの試合では、No.2ストーンがどちらのチームか微妙な状況に。ここで吉田知那美が判断した根拠にチームメートも思わず笑い、ファンからも「大笑いが本当に最高です」「楽しい可愛い会話」と反響が集まっている。

 現地時間21日のカナダチームとの試合。第2エンド途中で、No.1ストーンは赤の相手チーム。No.2ストーンがどちらか微妙な状況だった。ここで吉田がそれぞれのストーンの位置を確認。すると「(自チームのストーンが)勝ってそうだけど、厄年だから勝ってないと思う」とまさかの発言を繰り出した。チームメートも思わず笑っていた。

 ロコ・ソラーレは吉田、藤澤五月、鈴木夕湖の3人が1991年生まれで、今年が前厄に当たる年齢だ。実際の映像を公開した吉田は「こういう運は大切な時まで取っておく。#1991年
 #3人で前厄払いしました」などと文面に記した。

 ファンからは「厄年話だす知那美ちゃんさすがです」「大笑いが本当に最高です」「楽しい可愛い会話」「こういう大事な運は大切にしておかないといけないですね」「厄年には勝てませんね……」などとコメントが寄せられていた。この試合は9-5でコンシード勝ちしたロコ・ソラーレ。大会はタイブレーク敗退となったが、シーズン序盤から“らしさ”を見せていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集