[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、米国で再集結した“よしもと新喜劇コンビ”に反響「なんて素敵な人なの」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカでは、女子シングルで坂本花織(シスメックス)が合計217.61点で、海外開催のGP初優勝を飾った。舞台裏では米国の男子選手と再会。今年のアイスショーのパフォーマンスで共演していた2人に、日本のファンは「漫才コンビw」などと注目。海外ファンも「最高だね」「何て素敵な人」と関係性に反応していた。

スケートアメリカ・女子シングルで優勝した坂本花織【写真:ロイター】
スケートアメリカ・女子シングルで優勝した坂本花織【写真:ロイター】

GPシリーズ初戦で優勝、再会した選手は

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカでは、女子シングルで坂本花織(シスメックス)が合計217.61点で、海外開催のGP初優勝を飾った。舞台裏では米国の男子選手と再会。今年のアイスショーのパフォーマンスで共演していた2人に、日本のファンは「漫才コンビw」などと注目。海外ファンも「最高だね」「何て素敵な人」と関係性に反応していた。

 2位に10.95点差をつけて優勝した坂本。舞台裏では、米国の男子スケーター、ジェイソン・ブラウンと対面した。今年7月のアイスショー「THE ICE」では、よしもと新喜劇を模したパフォーマンスで観客を沸かせていた2人。ハグを交わし、肩を組んで記念撮影もしていた。

 実際の写真とともに再会を伝えた海外フィギュアスケート専門メディア「ゴールデン・スケート」公式ツイッターは「カオリ・サカモトが“ファン”になった瞬間。(振付師の)ロヒーン・ワードとタッグを組みたかったのは、彼のジェイソン・ブラウンの振付が大好きだったから。だから、演技後にジェイソンと会えて超幸せだった!」などとこのシーンを伝えた。

 海外ファンからは「最高だね」「ジェイソンはなんて素敵な人なの」「私のレジェンドが揃い踏み」「彼女が大好きよ」などとコメントが集まったほか、日本のファンからは「よしもと新喜劇やってくれた2人」「新喜劇。コンビ再会ね」「神コンビ」「漫才コンビw」などと、アイスショーで共演した2人に注目していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集