[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の獲得に前のめり メッツ地元局「世界一勝ち取れる球団、と考えるのは妥当」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季も二刀流で活躍し、シーズン終盤には年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約に合意したことを球団が発表した。来季終了後にフリーエージェント(FA)となる背番号17に対し、ニューヨークメディアは「大きく出るのは非常に魅力的だ」とトレードでの獲得に興味を示している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ポストシーズン敗退のメッツ、補強にニューヨーク地元局が注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季も二刀流で活躍し、シーズン終盤には年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約に合意したことを球団が発表した。来季終了後にフリーエージェント(FA)となる背番号17に対し、ニューヨークメディアは「大きく出るのは非常に魅力的だ」とトレードでの獲得に興味を示している。

 米ニューヨーク州地元局「スポーツネット・ニューヨーク」は「メッツの2022-23年オフシーズンで注目すべき5つの最大のストーリー」と題して同局プロデューサーのダニー・アブリアノ氏著名の記事を掲載。既にポストシーズンで敗退したメッツの補強について「FAになる選手が何人戻ってくるのか」「誰との契約延長を考えるべきか」などの話題とともに「大型トレードはあるか」も注目点にピックアップした。

 記事では、「球界は球団売却中で、二刀流の大スターのショウヘイ・オオタニとの契約をあと1年のみ残すエンゼルスのオフに注目している」と大谷に注目。球団売却がスムーズに進み、新オーナーが引き留める可能性も指摘しつつ「エンゼルスは2015年以来、勝率5割を超えていない。28歳になるオオタニがワールドシリーズを勝ち取れるチームでプレーしたいと思っていると考えるのは妥当だ」と移籍の可能性を指摘した。

 大谷はFAまでエンゼルスでプレーする可能性が高いとされているが、そのうえで記事ではメッツ移籍のシナリオを提案。「もしメッツがデグロムと再契約せず、大谷に(メッツと)長期契約を結ぶ用意があるという感覚を得た場合、(トレードで)大きく出るのは非常に魅力的だ」とし、故障もあり11試合の登板に終わっていたメジャー屈指の怪腕の去就に絡めて注目した。

 その一方でFAでの獲得の可能性にも言及。「メッツと他の球団は単純に、大谷がFAになるのを願って待つこともできる。しかし現在の状況は、彼はトレードされ、すぐにその球団と長期契約する流れのように感じられる」と報じていた。今季はトレード期限の8月まで移籍の噂が大きく取り沙汰された大谷。シーズンが終わっても、地元球団の二刀流獲得を夢見る米識者は少なくないようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集