[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ遂に60号! 豪快131m弾でNY熱狂、6人目大台に米記者「ルースの領域に到達」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。60本塁打の大台到達は史上6人目。ベーブ・ルースのシーズン記録に並び、ア・リーグの本塁打記録を持つロジャー・マリスの61本まであと1本と迫った。

パイレーツ戦で60号を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
パイレーツ戦で60号を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

本拠地パイレーツ戦「1番・右翼」で先発出場

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦の9回に今季60号ソロを放った。60本塁打の大台到達は史上6人目。ベーブ・ルースのシーズン記録に並び、ア・リーグの本塁打記録を持つロジャー・マリスの61本まであと1本と迫った。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 柔らかなスイングから豪快に決めた。4-8とリードを許して迎えた9回の第5打席。3-1からパイレーツ右腕クロウの5球目、93.9マイル(約151.1キロ)のシンカーを完璧にとらえた。打球はヤンキースタジアムの左翼席に着弾。ファンが大いに盛り上がる中、背番号99は悠然とダイヤモンドを回った。

 飛距離430フィート(約131メートル)の一発に、米記者もツイッター上で反応。米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のビル・シャイキン記者は「アーロン・ジャッジが60号。この瞬間、ア・リーグの三冠王となっている」と記し、米スポーツメディア「スポルティング・ニュース」のダニエル・ヤノフスキー記者も「ジャッジが60号。ルースのシーズン記録に並んだ。マリスまであと1本」とつづった。

 米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のカイル・グレイザー記者は「ジャッジが史上6人目の60号到達。ロジャー・マリス、ベーブ・ルース、バリー・ボンズ、マーク・マグワイア、サミー・ソーサの領域に到達」と伝えている。

 チームはこの後にスタントンの逆転満塁弾が生まれ、9-8とサヨナラ勝ちを収めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集