[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロ、宿敵ゴロフキンに3-0判定で完勝! 因縁の対決は計3戦36Rでついに完全決着

ボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチは17日(日本時間18日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、3度目となった因縁の対決は、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)がゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に3-0で判定勝ち。4本のベルトを防衛するとともに、世界が注目した因縁の直接対決で、成績を2勝1分けとした。

世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチ、カネロことサウル・アルバレス(右)がゲンナジー・ゴロフキンに判定勝ちした【写真:Getty Images】
世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチ、カネロことサウル・アルバレス(右)がゲンナジー・ゴロフキンに判定勝ちした【写真:Getty Images】

世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチ

 ボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一タイトルマッチは17日(日本時間18日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、3度目となった因縁の対決は、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)がゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に3-0で判定勝ち。4本のベルトを防衛するとともに、世界が注目した因縁の直接対決で、成績を2勝1分けとした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 激闘を繰り広げた両雄はがっちりと抱擁を交わした。世界が注目したカネロ―ゴロフキンの第3戦。有利に展開したのはカネロだった。スピード、パワーで圧力をかけてゴロフキンに対し、積極的に攻めた。12ラウンドで仕留められなかったものの、完勝と言っていい内容。3-0の判定を聞くと、ゴロフキンと健闘を称え合い、詰めかけた観衆から大きな歓声を浴びた。

 初対決となった17年9月は12ラウンドで決着つかず、三者三様の判定でドロー。18年3月にはカネロがドーピング検査で陽性判定を受け、6か月の出場停止処分に。5月に予定されていた再戦は難航した。ようやく実現した9月の第2戦ではカネロが僅差の判定勝ち。直接対決はカネロの1勝1分けとなったが、この試合の判定が疑問視されており、第3戦が待望されていた。

 試合後、カネロはスペイン語でリングインタビューを答えていたが、英語で「マイフレンドよ、本当にありがとう。サンキュー、ゴロフキン。ありがとう。素晴らしい試合ができた」とライバルに向かって感謝を述べる場面もあった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集