[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、圧巻13勝目の裏で… 敵番記者を「不公平だ」と脱帽させた1球が米話題

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振の快投で自己最多を更新する13勝目を挙げた。マリナーズの番記者は大谷がゾーンいっぱいに決めた変化球に注目。動画を公開し、「不公平なバックドアのスライダー」と落胆している。

7回3安打無失点の快投で13勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回3安打無失点の快投で13勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地マリナーズ戦で13勝目、6回先頭で三振奪ったスライダーに注目集まる

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振の快投で自己最多を更新する13勝目を挙げた。マリナーズの番記者は大谷がゾーンいっぱいに決めた変化球に注目。動画を公開し、「不公平なバックドアのスライダー」と落胆している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 変化球が冴え渡った。ワイルドカード2位でプレーオフ進出圏内のマリナーズと対峙した大谷。5回まで毎回奪三振で強力打線を手玉に取った。6回、先頭に左打者のJ.P.クロフォードを迎えると2-2と追い込んだ7球目。外角低めにゾーンいっぱいの88マイル(約141キロ)のスライダーを投げ込むと、全く手を出せず見逃し三振。大谷も小さくガッツポーズを見せた。

 MLB公式サイトでマリナーズ番を務めるダニエル・クレーマー記者はこの一球に注目。ツイッターに「J.P.クロフォードはショウヘイ・オオタニの不公平なバックドアのスライダーで空振り三振。オオタニは今夜変化球で10個の空振りを奪っている」と投稿し、大谷の変化球に白旗を掲げていた。

 米投球分析家の「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も実際の映像を公開。米ファンからは「超エゲツない」「やばすぎる」「これで打点も決めている」「率直に言ってキラーピッチ」などの反響が寄せられている。

 7回を投げ切った大谷。今季の投球回を148とし、規定投球回まであと14と迫った。打者としては初回にフェンス直撃の先制二塁打を放ち、2打数1安打1打点。投打で躍動し、2-1の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集