[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「GG賞投手?」 新たに判明した才能が米話題「守備も最高に良い事が…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、ピッチングでは好投を続けている。4回には弾丸ライナーに反応し、捕球する超美技も披露。打って投げて守って、二刀流のさらなる才能に米記者からも「オオタニはゴールド・グラブ(GG)賞投手か?」「守備も最高に良いことが判明」と絶賛の声が上がっている。

マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、ピッチングでは好投を続けている。4回には弾丸ライナーに反応し、捕球する超美技も披露。打って投げて守って、二刀流のさらなる才能に米記者からも「オオタニはゴールド・グラブ(GG)賞投手か?」「守備も最高に良いことが判明」と絶賛の声が上がっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 打って投げて、だけじゃない。大谷が非凡なセンスを発揮したのは4回先頭の場面だ。その初球、打者のサンタナは痛烈なライナーを弾き返した。これに大谷がすかさず反応。投げ終わりの体勢から、さっと左手のグラブを一塁方向に伸ばし、打球を捕球してみせたのだ。触らなければセンターに抜けていたとみられるだけに、自らを救うファインプレーとなった。

 これにツイッター上では米記者も続々反応。スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が「ショウヘイ・オオタニはGG賞投手か?」と投稿すれば、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「ショウヘイ・オオタニは守備も最高に良いことが判明した」と反応し、守備力を評価した。

 また、MLB公式ツイッターも「オオタニはなんでもやる!」と動画付きで紹介。米ファンからも「フィールディングもできるのか?」「ゴールド・グラブ、ショウヘイ」との声が上がった。大谷といえば、相手がバントをすることが多いNPB時代は守備力がスポットライトを浴びることもあったが、メジャーではそう多くない。秘められていた能力に改めて、称賛の声が集まった。

 この日は第1打席で先制二塁打を放った大谷は持てる能力を総動員し、躍動している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集