[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子が「68」好発進 33歳はウェアも変化「ピンクとピンクとかは止めた(笑)」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。33歳の金田久美子(スタンレー電気)は、4バーディー、ボギーなしの68で4アンダーと好発進。ホールアウト時点では暫定3位につけた。前週のゴルフ5レディスは腰痛を発症して第2日のスタート前に棄権。すぐに治療して今大会に臨んだが、腰のケアで日々、鍼を打っていることも明かした。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日、68の4アンダーと好発進を決めた金田久美子【写真:Getty Images】
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日、68の4アンダーと好発進を決めた金田久美子【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。33歳の金田久美子(スタンレー電気)は、4バーディー、ボギーなしの68で4アンダーと好発進。ホールアウト時点では暫定3位につけた。前週のゴルフ5レディスは腰痛を発症して第2日のスタート前に棄権。すぐに治療して今大会に臨んだが、腰のケアで日々、鍼を打っていることも明かした。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 打ち上げでの最終18番パー4もパー。金田はボギーなしのラウンドを終え、「ハア、ハア」と肩で息をしながら会見場に入った。

「疲れました。ドライバーは相変わらず曲がっていましたが、ラフでも打てるところにあったり、運が良かった。2、3メートルのパーパットも決められて、いいプレーができた」

 前週のゴルフ5レディスでは、第2日スタート前に棄権している。理由は腰痛だった。

「初日が終わった後、調子が悪かったドライバーをアホみたいに打って痛くなりました。すぐに治療に行って、今は大丈夫なんですけど」

 腰痛には長く悩まされている。昨年は自宅のある名古屋から東京に足を運び、「長い鍼をお尻に打っていました」と明かした。「こんなに」と両手で示した長さは約15センチ幅。今季についてはラウンド後、帯同のトレーナーから「普通の長さの鍼」を打ってもらっているという。毎週月曜日には、腰痛予防のトレーニングもしている。前半戦の頑張りでリランキングが18位に浮上し、中盤戦から毎試合の出場が可能になった分、コンディション維持を心掛けている。

 その状況での好発進。前週から続く起伏が激しいコースについては、「得意ではない」と言うが、「メジャーなので頑張りたい試合ですが、難しい印象がある。スコアを出すコースより、耐えるゴルフができる方が私に合っている印象はある。グリーンはいつもより速くないですし、バーディーを獲れるホールもある。獲れるところは獲って、耐えるゴルフをしたいです」と前を見据えた。

 20歳前後の若手が席けんするツアーで、輝きを取り戻してきたベテラン。カラフルなウェアでも注目されてきたが、「歳とかそういうの考えてから着るようにしています。大人っぽさというか。ピンクとピンク、ピンクと黄色とかの組み合わせは止めるようにしました(笑)」と言った。ゴルフも落ち着きのある内容で、強い若手に対抗するつもりだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集