[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ヤンキース戦で生まれた名場面の“ミニチュア版”が米話題「素晴らしい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦で30号逆転3ランを放ち、チームを3-2の勝利に導いた。2日前の試合でも29号決勝2ランを放つなど活躍した3連戦。注目を浴びたシーンの一つが、マイク・トラウト外野手とのワンシーンだった。米国で人気のクリエーターは、そのシーンを“可愛く”制作。米ファンの間で「これはヤバい」「素晴らしい」などと話題となっている。

29号決勝2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
29号決勝2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米有名クリエイターが制作

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦で30号逆転3ランを放ち、チームを3-2の勝利に導いた。2日前の試合でも29号決勝2ランを放つなど活躍した3連戦。注目を浴びたシーンの一つが、マイク・トラウト外野手とのワンシーンだった。米国で人気のクリエーターは、そのシーンを“可愛く”制作。米ファンの間で「これはヤバい」「素晴らしい」などと話題となっている。

 スター同士による名場面が小さくなった。29日(日本時間30日)の試合で29号2ランを打った大谷を本塁で迎えたのが、一塁走者だったトラウトだ。外野の球場演出で炎が吹き出す中、固い握手を交わした印象的な瞬間だった。

 SNS上でも「滅茶苦茶かっこいい」などと反響を呼んでいたが、このカッコよさ溢れるシーンを可愛くした演出が話題になっている。

 米国の有名クリエイター、ヘイデン・パーカー氏が制作したのは、背景はそのままで、大谷とトラウトが“ミニチュアサイズ”になってしまった加工写真だった。

 パーカー氏はMLB選手をミニサイズに加工した写真をSNSに投稿し、米スポーツ専門局「ESPN」に特集されるほど、現地では人気のクリエイター。今回は自身の作品を投稿するインスタグラムアカウント「MLB Minis」にミニサイズになった“トラウタニ”を公開した。

 投稿には「フォト・オブ・ザ・イヤー」と記されており、米ファンからも好評の模様。コメント欄には「エンゼルスファンではないが、この写真は好き」「最高」「これはヤバい」「審判も小さくして」「アンリアル」「素晴らしい1枚」などの声が寄せられた。

 大谷は2日後の31日(同1日)のヤンキース戦で、相手エースのゲリット・コール投手から試合を決める3ランを放った。この時も出塁していたトラウトとホームイン後にタッチを交わし、喜んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集