[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ルースの59倍になった衝撃ランキング 米驚き「超面白い」「突き抜けてる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達。投手として11勝をマークしており、MLB史上初の「年間30発&10勝」を達成した。米記者は大谷が2位ベーブ・ルースに約59倍の差をつけたユニークなランキングを紹介。「クレイジー」と米ファンを驚かせている。

逆転の30号3ランを放ち、一塁ベース付近で右手を突き上げてガッツポーズする大谷翔平【写真:ロイター】
逆転の30号3ランを放ち、一塁ベース付近で右手を突き上げてガッツポーズする大谷翔平【写真:ロイター】

30本塁打到達でMLB初の「年間30本&10勝」を達成

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達。投手として11勝をマークしており、MLB史上初の「年間30発&10勝」を達成した。米記者は大谷が2位ベーブ・ルースに約59倍の差をつけたユニークなランキングを紹介。「クレイジー」と米ファンを驚かせている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 今季51本塁打のアーロン・ジャッジ外野手とのMVP候補対決も注目されたヤンキース3連戦。最後の試合で大谷が最高に輝いた。2点を追う6回1死一、二塁の第3打席。相手先発コールが投じた157キロ速球をセンター方向へはじき返した。豪快な逆転3ラン。日本人初となる、2年連続の30号に到達した。試合は大谷の一発でエンゼルスが3-2で勝利した。

 あのベーブ・ルースでも達成できなかった「年間30発&10勝」の偉業も達成。MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は、自身のツイッターでユニークなランキングを紹介した。「シーズン30本塁打以上放った選手の奪三振ランキング」と記しているが、結果は下記のようだ。

2022年 ショウヘイ・オオタニ 176
2021年 ショウヘイ・オオタニ 156
1930年 ベーブ・ルース 3
1921年 ベーブ・ルース 3

 30本を放ったシーズンでは、ルースでも3つしか三振を奪えておらず、今年の大谷はその約59倍の奪三振をマークしているようだ。同記者は「※シーズンはまだ終わっていません」とさらに差が広がる見通しであると紹介。米ファンからは「超面白い数字」「今まで第2のベーブ・ルースと言ってたけど、これを見たら最初のショウヘイ・オオタニと言わないといけない」「クレイジー」「ジャッジの名前はどこにある?」「突き抜けている」などと様々な反応が書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集