[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2戦連続Vの岩井千怜「朝からず~っと緊張していた」 副賞の重機の使い道は…【V会見一問一答】

女子ゴルフの国内ツアー、CATレディース最終日は21日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た20歳ルーキー岩井千怜(Honda)が2バーディー、ノーボギーの70で回り、通算13アンダーで逃げ切りV。史上3人目となるツアー初優勝からの2戦連続Vを20歳47日の最年少で達成した。初優勝からという条件を除いても、2017年の畑岡奈紗の18歳261日、04年に2度達成した宮里藍の19歳1日と、19歳337日に次ぐ4番目の年少記録となった。

CATレディース、優勝トロフィーと重機と写真撮影する岩井千怜【写真:Getty Images】
CATレディース、優勝トロフィーと重機と写真撮影する岩井千怜【写真:Getty Images】

国内ツアー、CATレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、CATレディース最終日は21日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た20歳ルーキー岩井千怜(Honda)が2バーディー、ノーボギーの70で回り、通算13アンダーで逃げ切りV。史上3人目となるツアー初優勝からの2戦連続Vを20歳47日の最年少で達成した。初優勝からという条件を除いても、2017年の畑岡奈紗の18歳261日、04年に2度達成した宮里藍の19歳1日と、19歳337日に次ぐ4番目の年少記録となった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 以下は優勝会見の一問一答。

――今の率直な気持ちを教えてください。

「信じられない。驚きの気持ちです。ビックリしています。私でも2勝できるんだなという思いもあります」

――前日から「緊張するかも」と言っていましたが。

「朝からず~っと、緊張していました。ホッとした場面は1度もなくて、なるべくチャンスにつけてバーディーを獲りたいと思っていました」

――後半はグリーンに乗っても長いパットが残るホールが続いていました。

「はい。特に12番から16番まではピンまで攻めきれなかったです。こういう日なのかなと思いました」

――リーダーズボードは見ていましたか。

「今週は見ていました。13番のグリーンでトップに並んでいるのは知り、ドキドキしてきました。16番からはそれが大きくなってきました。でも、それでグッと集中できました」

――その中で、17番パー3でバーディーを獲りました。

「1打リードすれば勝てると思っていました。16番でショットとパットの感覚が良くなって、17番では左からの風に乗せる理想の高いボールが打てました。5ヤード(約4.5メートル)のスライスラインでした」

――最終18番のグリーン上ではどんな思いでしたか。

「ファーストパットが15ヤード(約13.5メートル)あって、3パットがあり得る難しい状況でした。優勝パットは1.5ヤード(約1.3メートル)のスライスでしたが、狙った左カップのギリギリに迷いなく打ちました。もうドッキドキでしたが、思えば最後に先週の同じ距離のパットを打っているので、手は震えませんでした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集