[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳岩井千怜が緊張しても笑顔でいられる理由 母の証言「中3の合唱コンもそうでした」

女子ゴルフの国内ツアー、CATレディース最終日は21日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た20歳ルーキー岩井千怜(Honda)は、2バーディー、ボギーなしの70で回り、通算13アンダーで逃げ切り優勝。史上3人目となるツアー初優勝からの2戦連続Vを20歳47日の最年少で達成した。初優勝からという条件を除いても、2017年の畑岡奈紗の18歳261日、04年に2度達成した宮里藍の19歳1日と、19歳337日に次ぐ4番目の年少記録となった。緊張する場面でも笑顔を見せる姿は、前週同様にファンを魅了。その姿を見て、母の恵美子さんは中学時代のエピソード明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

CATレディースで優勝を決め、観客に祝福されながら笑みを浮かべる岩井千怜【写真:Getty Images】
CATレディースで優勝を決め、観客に祝福されながら笑みを浮かべる岩井千怜【写真:Getty Images】

CATレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、CATレディース最終日は21日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た20歳ルーキー岩井千怜(Honda)は、2バーディー、ボギーなしの70で回り、通算13アンダーで逃げ切り優勝。史上3人目となるツアー初優勝からの2戦連続Vを20歳47日の最年少で達成した。初優勝からという条件を除いても、2017年の畑岡奈紗の18歳261日、04年に2度達成した宮里藍の19歳1日と、19歳337日に次ぐ4番目の年少記録となった。緊張する場面でも笑顔を見せる姿は、前週同様にファンを魅了。その姿を見て、母の恵美子さんは中学時代のエピソード明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 18番パー5。1.5メートルのウィニングパットを決めると、岩井は高く上げた拳を5度動かした。グリーン周りでは、前週と同様に目を潤ませた双子の姉・明愛が待っていた。抱擁はなく、ハイタッチ。明愛から「ナイス、ナイス」と声をかけられ、笑顔で「ありがとう」と短く返した。

 離れた場所では、父の雄士さんがいた。今大会、明愛のキャディーを務め、16番グリーンから明愛と次女の姿を見守った。17番パー3で山下美夢有(加賀電子)を1打リードするバーディーを奪うと、右手で小さくガッツポーズ。岩井は緊張の場面でも2人に気づいていたといい、優勝インタビューで「父はキャディーで18ホール回った後に応援に来ていたので、明愛も含めて岩井家の体力はすごいなと思いました」と言い、微笑んだ。

 そして、18ホールを振り返ると「ずっと緊張していました。16番からはドキドキが大きくなりました」。前週と同じくピンを狙おうとしたが、「安全にもいきたい」という意識がショットの勢いを止め、ピンから大きくショートするホールが続いた。しかし、17番パー3ではそれを払拭。16番パー4でつかんだ「良い感覚」を自信にクラブを振り切り、「左からの風に乗せる理想の高いボールが打てました」と説明した。

 18番パー5で勝負を決めたパーパットに入る前は「ドッキドキでした」と表現した。それほどの重圧と闘いながらのプレーだったが、岩井は終始、笑顔を見せ続けた。明愛、雄士さんとは違う場所で見守っていた母・恵美子さんは、そんな娘の姿を見て5年前を思い出していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集