[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ17歳馬場咲希、全米女子アマ29位発進 出遅れも後半3バーディーの底力発揮

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権が8日(日本時間9日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6526ヤード、パー73)で開幕した。予選第1ラウンド(R)は18ホールのストロークプレー。身長175.3センチの17歳・馬場咲希(日本ウェルネス高2年)ら日本人4人が出場。馬場は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73で回り、イーブンパーの29位で発進した。第2日に予選第2Rが行われ、上位64人がマッチプレーによる10日の決勝トーナメント1回戦に進出する。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

全米女子アマチュア選手権に日本人4人が出場

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権が8日(日本時間9日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6526ヤード、パー73)で開幕した。予選第1ラウンド(R)は18ホールのストロークプレー。身長175.3センチの17歳・馬場咲希(日本ウェルネス高2年)ら日本人4人が出場。馬場は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73で回り、イーブンパーの29位で発進した。第2日に予選第2Rが行われ、上位64人がマッチプレーによる10日の決勝トーナメント1回戦に進出する。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 3番パー3。馬場は第1打をグリーン手前5ヤードにショートした。ボールは斜面を下って深いバンカーへ。難コースの罠にはまり、このホールをダブルボギーにした。5番パー4もボギー。6番パー4はバーディーにしたが、10番パー4でもスコアを1つ落とした。残り8ホールで3オーバーと苦しい展開だったが、ここから底力を発揮。12、16、17番でバーディーを奪い、イーブンパーでフィニッシュした。

 6月の全米女子オープンで日本人アマ8年ぶりの予選通過を果たし、7月は全米女子ジュニア選手権に出場。マッチプレー2回戦で敗れたが、ストロークプレーの予選ラウンドは首位通過でメダリストとなった。一時帰国して同月下旬の関東ジュニア選手権(女子15~17歳の部)で優勝。今月4日には再渡米した。

 関東ジュニア選手権では、「全米アマは大学生も加わるので、よりレベルが高くなると思います。それでも優勝すれば、来年の全米女子オープンと全英女子オープンの出場資格を得られると聞いたので、そこを狙っていきたいと思います」と意気込んでいた。

 156人が出場し、通算6アンダーのアリス・ツィイー・チョウ(中国)が単独首位。昨年のオーガスタ女子アマチュアを制した梶谷翼(たけべの森GC)と長谷川せら(グリーンヒル関GC)は、1アンダーの21位。伊藤二花(麗澤高2年)は74の1オーバーで45位とした。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集