[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

将来の夢は「助産師」 砲丸投げ全国2位、川口由眞と涙の14m4 冬は国公立大を受験へ

陸上の全国高校総体(インターハイ)は徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで5日間にわたる熱戦が繰り広げられた。大会期間中は多くの徳島の選手が地元の声援を受け、躍動した。女子砲丸投げで2位に入った生光学園・川口由眞(3年)は度重なる怪我を乗り越え、2年ぶりに14メートルの大台を突破。うれし涙に暮れた。卒業後は国公立大の医学部看護学科を志し、助産師を目指す。

女子砲丸投げで2位に入った生光学園・川口由眞(3年)【写真:荒川祐史】
女子砲丸投げで2位に入った生光学園・川口由眞(3年)【写真:荒川祐史】

地元開催のインターハイ陸上女子砲丸投げで2位

 陸上の全国高校総体(インターハイ)は徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで5日間にわたる熱戦が繰り広げられた。大会期間中は多くの徳島の選手が地元の声援を受け、躍動した。女子砲丸投げで2位に入った生光学園・川口由眞(3年)は度重なる怪我を乗り越え、2年ぶりに14メートルの大台を突破。うれし涙に暮れた。卒業後は国公立大の医学部看護学科を志し、助産師を目指す。

◇ ◇ ◇

 大切なことは、順位じゃなかった。川口は泣いていた。2位という結果以上に、その数字がうれしかった。

 14メートル4。

「1年生で出してから、ずっと14メートルが越えられなかった。それが、インターハイという大きい舞台で出せたことがうれしくて……」

 涙が止まらなかった。

 ラスト1投でドラマが待っていた。予選を全体2位で迎えた決勝。1、2投目は汗で滑り、思うように砲丸が飛ばない。5投目を終えて全体4位。「首の皮一枚つながった状態。めちゃくちゃ緊張していた」と明かす。

 迎えた運命の6投目。

 ふっと大きく息を吐いた。ここは地元・徳島。緊張する必要なんてない。「最後なので、思い切って投げよう」。自然と肩の力が抜けた。全身を使って放たれた砲丸は14メートルをわずかに越えた。沸き上がる歓声。最高の瞬間だった。

 優勝には届かなかったが、堂々の2位だ。

「1年生の時は何も考えずに出せた記録だったので。14メートルをここで投げられたことに価値があると思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集