[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、全英猛追のスイングフォームに海外驚き「どうしたらこういう腕になる?」

米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが7日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で最終日が行われる。2019年女王の渋野日向子(サントリー)は首位と5打差の2位からスタート。第3日は66の通算9アンダーと好プレーを見せた中、米ポッドキャスト番組は画像付きで「彼女のダウンスイングに今も戸惑っている」と紹介した。海外ファンの中には「セルヒオ・レベル」と17年マスターズ覇者に重ね合わせる声もあった。

全英女子オープン最終日を首位と5打差の2位でスタートする渋野日向子【写真:Getty Images】
全英女子オープン最終日を首位と5打差の2位でスタートする渋野日向子【写真:Getty Images】

米メディアが注目した渋野日向子のダウンスイングとは

 米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが7日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で最終日が行われる。2019年女王の渋野日向子(サントリー)は首位と5打差の2位からスタート。第3日は66の通算9アンダーと好プレーを見せた中、米ポッドキャスト番組は画像付きで「彼女のダウンスイングに今も戸惑っている」と紹介した。海外ファンの中には「セルヒオ・レベル」と17年マスターズ覇者に重ね合わせる声もあった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 渋野の振り下ろしが脚光を浴びた。ティーグラウンドでドライバーを握り、クラブを振り上げたところ。ヘッドが下がり、タメをつくっている瞬間のようだ。米ゴルフ専門ポッドキャスト番組「ノー・レイング・アップ」は、19年全英女王のスイングに着目。全米女子プロ選手権の画像付きでこう紹介した。

「KPMG(全米女子プロ選手権)でシブノの写真を撮ったのだが、これが彼女のダウンスイングだというのに今も戸惑っている」

 記したのは公式ツイッターだった。今大会の渋野の好ショット動画を引用する形で投稿。コメント欄では、海外ファンから「どうやったらこういう腕になるの?」「左腕…」「神レベルの腕の伸び(張り方)」「彼女の腕はもっと曲がる」「クラシカルな“リバース・レイドオフ”ポジションだね」とフォームに驚きの声などが上がった。

 中には「セルヒオ・レベルだ」「彼女とセルヒオを並べたフレームが必要」「セルヒオ」と、ダウンスイングで深いタメをつくる男子プロのセルヒオ・ガルシア(スペイン)になぞらえるファンも。米ツアー通算11勝で17年マスターズを制した名手に重ねていた。

 渋野は単独首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)と5打差。優勝した3年前と同じ相手と最終日最終組となり、日本時間午後11時50分にスタートする。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集