[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1600mリレー男子は東福岡V2! 2位と0秒03差大激戦も「冨永先輩なら絶対勝ってくれる」

 陸上の全国高校総体(インターハイ)最終日の第5日は7日、男子4×400メートルリレー決勝が行われ、東福岡(福岡)が3分11秒92で連覇を飾った。東京農大二(群馬)が3分11秒95で2位、鹿児島南(鹿児島)が3分12秒60で3位となった。

ゴール前、東京農大ニ・原田真聡(左)と競り合う東福岡・冨永湧平【写真:荒川祐史】
ゴール前、東京農大ニ・原田真聡(左)と競り合う東福岡・冨永湧平【写真:荒川祐史】

インターハイ陸上男子4×400メートルリレー決勝

 陸上の全国高校総体(インターハイ)最終日の第5日は7日、男子4×400メートルリレー決勝が行われ、東福岡(福岡)が3分11秒92で連覇を飾った。東京農大二(群馬)が3分11秒95で2位、鹿児島南(鹿児島)が3分12秒60で3位となった。

 1走から庄籠大翔、渕上翔太、小坂洸樹と2年生3人でつないだ東福岡は、唯一の3年生・冨永湧平がアンカー勝負を制し、東京農大二にわずか0秒03競り勝った。電光掲示板で1位に校名が表示されると、歓喜爆発。すぐ近くの客席で見守っていたチームメートも含め、2連覇の喜びを分かち合った。

 個人400メートルも制していた頼れるエース・冨永は「ゴールをする時はどこも見ていない。それくらい必死だった。もしかしたら競り負けたんじゃないかと思ったけど、自分を信じて勝ち切れた」と振り返り、「予選、準決も含め、後輩が活躍してくれたことがうれしいし、感謝している」と労った。

男子4×400メートルリレーで優勝した東福岡の(左から)庄籠大翔、渕上翔太、小坂洸樹、冨永湧平【写真:荒川祐史】
男子4×400メートルリレーで優勝した東福岡の(左から)庄籠大翔、渕上翔太、小坂洸樹、冨永湧平【写真:荒川祐史】

1走 庄籠大翔「2連覇できたことがうれしい。今後はチームとして個人に頼らず、一人一人がもっとラップを上げていきたい。来年は自分がエースになれるように」

2走 渕上翔太「去年、自分は走れずにスタンドで見ていた悔しさがあった。(冨永が卒業し)メンバーが変わっても、次回は3連覇を目指して頑張っていきたい」

3走 小坂洸樹「1位で渡せなかったけど、冨永先輩なら絶対勝ってくれると思った。後半を強化して、来年は自分のところで勝負を決められるような力をつけたい」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集