[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、激走で生まれたMLBぶっちぎりNo.1データを米メディア発見「過去70年で…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手をめぐり、全米ではトレード期限が目前に迫ってさまざまな議論が飛び交っているが、MLBの歴史においてとんでもない記録を作っていることがわかった。米データ分析会社は「過去70年で最低30登板した投手による通算三塁打ランキング」を発表。名だたる選手を差し置き、大谷は群を抜いた数字を残して話題を呼んでいる。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターが発表

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手をめぐり、全米ではトレード期限が目前に迫ってさまざまな議論が飛び交っているが、MLBの歴史においてとんでもない記録を作っていることがわかった。米データ分析会社は「過去70年で最低30登板した投手による通算三塁打ランキング」を発表。名だたる選手を差し置き、大谷は群を抜いた数字を残して話題を呼んでいる。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 31日(日本時間1日)の本拠地レンジャーズ戦の第1打席では右翼線を襲う三塁打を放った大谷。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは昨夜3ラン本塁打を放ち、今日は右翼線に今季3本目の三塁打を放った」と称賛。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の女性レポーター、エリカ・ウェストンさんも「オオタニがトリプル。美しいものだ!」と投稿した。

 激走を見せた大谷のこの三塁打はこれで通算17本目。これについて米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは「過去70年で最低30登板した投手による通算三塁打ランキング」を発表。17本を放った大谷に次ぐ2位がリック・アンキールと殿堂入り投手のロビン・ロバーツは10本で、以下ハーベイ・ハディックスの9本、ボブ・フォーシュの8本と続いており、大谷の数字は異次元に映る。

 カージナルスで活躍したアンキールは投手として2000年に11勝をあげながら、制球難で野手に転向して後に安打を量産した選手。それだけに、投手と野手を同時にこなしながらマークした大谷の数字の凄さは際立っている。大谷は足の速さにも定評があるだけに、これからどこまで記録を伸ばすことができるだろうか。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集