[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子「楽しい、初めてそう思った」 11年ぶりVを目指した最終日に取り戻した感情

女子ゴルフの国内ツアー「アース・モンダミンカップ」は26日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で最終日が行われ、6打差の9位から出た木村彩子(富山常備薬)が通算4アンダーの逆転でツアー初優勝を飾った。単独2位で出た金田久美子(スタンレー電気)は大混戦で一時首位に躍り出るも、1バーディー、6ボギーの77と失速。通算イーブンパーで7位に終わり、2011年以来の2勝目を逃した。「楽しかったです。もちろん悔しいですけど」と振り返った。

アース・モンダミンカップ最終R、笑顔を見せる金田久美子【写真:Getty Images】
アース・モンダミンカップ最終R、笑顔を見せる金田久美子【写真:Getty Images】

国内ツアー「アース・モンダミンカップ」最終日

 女子ゴルフの国内ツアー「アース・モンダミンカップ」は26日、千葉・カメリアヒルズCC(6639ヤード、パー72)で最終日が行われ、6打差の9位から出た木村彩子(富山常備薬)が通算4アンダーの逆転でツアー初優勝を飾った。単独2位で出た金田久美子(スタンレー電気)は大混戦で一時首位に躍り出るも、1バーディー、6ボギーの77と失速。通算イーブンパーで7位に終わり、2011年以来の2勝目を逃した。「楽しかったです。もちろん悔しいですけど」と振り返った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 11年ぶりの優勝は近くて、遠かった。上位陣がスコアメイクに苦しむ中、前半を1バーディー、2ボギーで耐えた金田。この時点で首位に立つなど健闘するも、運命のサンデーバックナインで4ボギーを叩いて失速した。結果は4打差の7位。「ドライバーが曲がりまくっちゃって。ほとんどフェアウェイから打てなかったです」と敗因を挙げた。

 第3ラウンドを69で回り、単独2位に浮上した。8歳で世界ジュニア選手権を制し、「天才少女」として騒がれた金田も32歳に。近年はシード権を喪失し、2020年から下部ツアーが主戦場になった。昨年ぎっくり腰を発症して以来、腰痛に苦しんでいたが、懸命な体幹トレーニングなどで徐々に良化。久しぶりのV争いに参戦し、「自分のゴルフに集中すること。自滅しないで、悔いのないように。ただ耐えるゴルフを集中してやりたい」と誓った最終日だった。

 ラウンド後は「悔しいですけど、どうしようもなかったゴルフだったので。16番、18番は入れなければいけないパットでしたけど、最後まで割と楽しく今日はできたかなと思います」と正直な胸の内を語った金田。一方で、多くのギャラリーを引き連れた久しぶりの最終日最終組で取り戻した感情がある。「楽しかったです。初めてそう思いました。もちろん、悔しいですけど」と2つの思いを明かした。

 課題は「体力不足」。4日間72ホールを戦い抜ける体作りを目指し、トレーニングや練習に励んでいく。大会中には「今は試合に出られること当たり前じゃない。以前はゴルフが本当につらかったけど、今はたまに楽しくなった」と率直に語っていたが、8月に33歳を迎えるシーズンでさらに力になったはずだ。優勝戦線に帰ってきたキンクミが、今度は“金星”を掴む。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集