[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州最強長距離馬が超重ハンデ67kgで差し切り 鞍上の女性騎手も仰天「アンリアルです」

海外競馬で3250メートルの長距離戦を斤量67キロで豪快に差し切ったレースが話題を呼んでいる。海外ファンはもちろん、手綱を執った騎手も「アンリアル」、送り出した馬主も「圧巻の勝利」と仰天している。

ホーリー・ドイル騎手【写真:ロイター】
ホーリー・ドイル騎手【写真:ロイター】

昨年の欧州最優秀ステイヤーがハンデ戦で驚きの快勝

 海外競馬で3250メートルの長距離戦を斤量67キロで豪快に差し切ったレースが話題を呼んでいる。海外ファンはもちろん、手綱を執った騎手も「アンリアル」、送り出した馬主も「圧巻の勝利」と仰天している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 25日に英ニューカッスル競馬場で行われたハンデ戦、ノーサンバーランドプレート(オールウェザー約3250メートル)で主役になったのはトゥルーシャン(騙6・英国)だった。昨年の欧州最優秀ステイヤーが当初予定していた英G1ゴールドカップを馬場状態から回避し、代わりに挑んだレースで背負った斤量はなんと10ストーン8ポンド(約67キロ)。次に重い馬とは約8.5キロ差だったが、お構いなしだ。

 道中を6、7番手で進めたトゥルーシャン。直線に向いた走りが圧巻だった。斤量67キロとは思えない脚色で、前をいく6頭の馬群の中央を切り裂くように、ぐいぐいと伸びてくる。そして、ラスト1ハロンは先に抜け出した馬との叩き合いになったが、脚色は鈍ることなく、半馬身先着。勝ってみせたのだ。英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは「見事な負担重量パフォーマンス!」とレース映像を紹介した。

 映像を見た海外ファンからは「史上最高レースの一つ」「伝説の馬と騎手だ。とにかくスリリング」「もう少し重いものを乗せても大丈夫そうだね」「アンリアル。これ見て鳥肌が立った」「これ見たけど圧巻」「これはアンビリーバブル」「なんて馬なんだ!」と驚きの声が上がっていた。

 英競馬番組「レーシングTV」によると、騎乗した女性騎手ホーリー・ドイルは「もうアンリアルですね」と驚きを隠せず。負担重量について「彼は必死にならなければ勝てないということのない馬で、いつも簡単に勝ってしまう。でも、彼のああいうレースは初めて見ましたけど、耳を立てて、しっかり走っていた。彼が抜かれることはなかったのです」と勝負根性を称えた。

 また、馬主のアラン・マーシュ氏も「圧巻の勝利でしたね。ホーリーはどう騎乗するか明確に伝えてくれていましたし、それをやってくれました。我々はこの馬に騎乗するように言っただけです。彼女は馬のことをよく分かっている。彼女の大きな手柄ですよ」と鞍上を称賛したという。昨年のこのレースで6着に敗れた後、G1・2勝を含め5連勝となったトゥルーシャン。今後も欧州長距離戦線を盛り上げそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集