[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト、頭直撃寸前の152km暴投に珍しく激怒「頭はやめろ。当てるなら肋骨に頼む」

米大リーグのエンゼルスは25日(日本時間26日)、本拠地でマリナーズに3-5で敗れた。9回の走者有りの場面で打席に入った主砲のマイク・トラウト外野手は頭部付近へのあわや死球という暴投を受け、「内角に投げられないなら投げるな」と怒りを露わにしているという。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】

ナイスガイで知られる主砲が「非常に怒っていた」と米記者レポート

 米大リーグのエンゼルスは25日(日本時間26日)、本拠地でマリナーズに3-5で敗れた。9回の走者有りの場面で打席に入った主砲のマイク・トラウト外野手は頭部付近へのあわや死球という暴投を受け、「内角に投げられないなら投げるな」と怒りを露わにしているという。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ヒヤリとする光景だった。2点を追う9回2死一塁、一発が出れば同点という場面で打席に入ったトラウト。内角高めに外れた初球の直後だった。続く2球目の152キロの直球が頭部付近を襲った。辛うじてよけて直撃はしなかったが、捕手も捕れない暴投となり、走者は二塁へ。右手を地面に付けて倒れ込み、立ち上がったトラウトは投手を睨むような仕草も見せた。

 一塁が空いたため、マリナーズは申告敬遠を選択。続く大谷翔平投手が右飛となり、ゲームセットになった。試合後、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は、ツイッターで「マイク・トラウトは9回のヘルメット付近への投球に非常に怒っていた。『内角に投げられないなら内角に投げるな。それと当てるなら肋骨に頼む。頭はやめろ』」とナイスガイで知られる主砲が珍しく怒りを伝えた。

 大谷は「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席、飛距離141メートルの特大16号ソロを放ち、4打数1安打1打点だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集