[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の141m弾にベテラン敵番記者も仰天 取材歴36年でも「今まで見た最も飛んだHR」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリア4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。あまりの特大弾にスポーツ取材歴36年というマリナーズの地元シアトルのベテラン紙記者からは「今まで見た中で最も飛んだ本塁打かもしれない」と驚きの声が上がった。

3回に同点16号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
3回に同点16号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

スポーツ取材歴36年というシアトル紙のベテラン記者「私もかなり年を取ったが…」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリア4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。あまりの特大弾にスポーツ取材歴36年というマリナーズの地元シアトルのベテラン紙記者からは「今まで見た中で最も飛んだ本塁打かもしれない」と驚きの声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 長い取材歴でもそうそうお目にかかれるものではない。0-1で迎えた3回2死、大谷はカウント3-1からマリナーズの先発右腕ギルバートが投じた甘い速球を見逃さなかった。投手は打球を目で追うことすらせず、外野手は動こうともしない。完璧な打球は右翼席中段とみられる付近に着弾。飛距離462フィート(約140.7メートル)の超特大弾は、打球速度117.2マイル(189.9キロ)の一発となった。

 エンゼルス、マリナーズを取材する各記者からは驚きの声が続々と上がっていたが、マリナーズの地元紙「シアトルタイムズ」もスコット・ハンソン記者もその一人。1986年からスポーツを取材しているというベテランは、自身のツイッターで「オオタニはローガン・ギルバートの96マイル(約155キロ)の直球を破壊。462フィート飛ばした。私もかなり年を取ったが、今まで見た中で最も飛んだ本塁打かもしれない」とかつて見たことがない飛距離と明かした。

 6月に入り、バットの状態も上り調子となっている大谷。さらに暑くなる夏に向け、エンジンを加速させていく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集