[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の新年俸は58億円 「39発打者+14勝投手」の“足し算”でMLB番組が独自予想

今オフの去就が注目されている米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手。MLB公式番組は、昨季オフにFA市場で目玉となった2人の選手を参考に、価値を算出している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

昨季39本塁打のオルソン、昨季14勝のガウスマンのFA契約を参考に算出

 今オフの去就が注目されている米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手。MLB公式番組は、昨季オフにFA市場で目玉となった2人の選手を参考に、価値を算出している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 二刀流らしい内訳だ。今季ここまで投手として6勝4敗、防御率2.90、90奪三振、打者として.260、15本塁打、45打点の数字を残す大谷。早くも今オフの大型契約の行方について議論が過熱しているが、MLB公式放送局「MLBネットワーク」の情報番組「MLB Now」も大谷が交わす新契約について取り上げ、独自に年俸を算出している。

「来季オフにFAとなるオオタニだが、どれくらいの価値になるだろう?」と投げかけたのは番組ホストのブライアン・ケニー氏。21日(日本時間22日)のロイヤルズ戦で打者として2本塁打8打点、翌日に8回無失点13奪三振で6勝目を記録した直近の躍動を改めて紹介し、前例のない二刀流スターの契約を考える上で、参考となる投打の2選手を挙げている。

 打者の比較対象として挙げられたのが、ブレーブスのマット・オルソン内野手。アスレチックスに在籍していた昨季は39本塁打、111打点の好成績を叩き出し、新天地と8年1億6800万ドル(約193億円)の大型契約を結んだ。投手での比較対象は昨季ジャイアンツで14勝を挙げたケビン・ガウスマン。FA市場における先発投手の目玉として、5年総額1億1000万ドル(約125億円)でブルージェイズと契約した右腕だ。

 ケニー氏は「年俸を足し算すれば良いという単純なことではありませんが」と前置きしながらも、「もしオオタニがエースでありながら同時にスラッガーもこのままこなせれば、この2人の年俸を合わせた4300万ドル(58億円)の価値となります」と力説した。4300万ドルという数字は奇しくも昨季メッツがマックス・シャーザー投手と交わした3年総額1億3000万ドルの大型契約の年俸とほぼ同額。MLB史上最高額となった単年換算金額と並ぶ大型契約を予想していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集