[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に安打打たれたのに敵地実況席は安堵 打球速度179kmで「これが柵越えしない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。第2打席に打球速度111マイル(約178.6キロ)の右前打を放った。打たれているにも関わらず、強烈な当たりが本塁打にならなかったことに敵地放送局は「シングルで良かった」と“安堵”している。

第2打席で右前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
第2打席で右前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

第2打席で放った右前打に「シングルで良かった」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。第2打席に打球速度111マイル(約178.6キロ)の右前打を放った。打たれているにも関わらず、強烈な当たりが本塁打にならなかったことに敵地放送局は「シングルで良かった」と“安堵”している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 好調大谷との対峙は、スタンドイン以外はセーフなのか。第1打席をストレートの四球で終えた背番号17。第2打席も警戒するバッテリーはストライクを投げ込まず3-0とした。続く4球目、内角の直球を弾き返すと、シフトを敷く狭い一、二塁間を破る打球速度111マイルの“高速右前打”となった。

 マリナーズの本拠地、シアトルの地元中継局「ROOTスポーツ」の実況席は打球速度の速さに注目。大谷の右前打をリプレイで振り返り、実況は「111マイルですよ。シングルで良かった。これがスタンドインしてないんですから。現在ここまで15本塁打を放っています」と話し、打たれているのにも関わらず、まるで“安堵”しているかのような話しぶりだった。

 第3打席は1死三塁の場面で一ゴロに終わったが、走者を還して打点をしっかりと稼ぎ、ビハインドを1点とした。逆転勝利に向けて、この後の打席にも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集