[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、プロ2度目ホールインワン達成「ショートコースを入れたら60回以上は…」

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と3打差の4位で出た稲見萌寧(Rakuten)は1イーグル、2バーディー、ボギーなしの68で回り、通算12アンダーで3位だった。4番パー3でプロ2度目のホールインワンを達成。プライベートは10度以上、ショートコースを含め60度以上もホールインワンを決めていることを明かした。西村優菜(スターツ)が17アンダーでツアー通算5勝目。

4番でホールインワンを達成、記念のボールを手に笑顔の稲見萌寧【写真:Getty Images】
4番でホールインワンを達成、記念のボールを手に笑顔の稲見萌寧【写真:Getty Images】

ニチレイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と3打差の4位で出た稲見萌寧(Rakuten)は1イーグル、2バーディー、ボギーなしの68で回り、通算12アンダーで3位だった。4番パー3でプロ2度目のホールインワンを達成。プライベートは10度以上、ショートコースを含め60度以上もホールインワンを決めていることを明かした。西村優菜(スターツ)が17アンダーでツアー通算5勝目。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 193ヤードの4番パー3。稲見が4ユーティリティーで放ったショットは、フェードの軌道を描いてピン手前4ヤードに着弾した。ボールはスライスラインに乗ってカップイン。両手を挙げて、大喜びした。

「『やった~』というより、驚きました。めちゃくちゃうまく打てて、入った瞬間も見えました」

 もっとも、稲見にとってホールインワンは珍しいことではなかった。プロデビュー後は、2019年5月の中京テレビ・ブリヂストンレディス第2日に続き2度目だが、質疑応答の流れでサラリと明かした。

「試合ではアマチュアの時に1回ありますし、プライベートを含めると10回以上ですね。中学、高校時代は結構入れていたので。ショートコースを入れたら60回以上はあります」

 東京五輪銀メダリスト、世界トップレべルのショットメーカーならでは“告白”。今季2勝目は逃したが、稲見は得意のショットと好調なパットを武器に、次戦アース・モンダミンカップ(23~26日、千葉・カメリアヒルズCC)を戦う。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集