[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、母の日&父の日V 父の「何もないんか!」に発奮「両親のおかげで今がある」

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た西村優菜(スターツ)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、大会新の通算17アンダーで今季初優勝を飾った。昨年9月以来9か月ぶりのツアー通算5勝目。昨年5月の母の日に続き、父の日でも優勝し「両親にいい報告ができます」と笑みを浮かべた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

ニチレイレディス、ツアー通算5勝目を飾った西村優菜はトロフィーと一緒にピースサイン【写真:Getty Images】
ニチレイレディス、ツアー通算5勝目を飾った西村優菜はトロフィーと一緒にピースサイン【写真:Getty Images】

ニチレイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た西村優菜(スターツ)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、大会新の通算17アンダーで今季初優勝を飾った。昨年9月以来9か月ぶりのツアー通算5勝目。昨年5月の母の日に続き、父の日でも優勝し「両親にいい報告ができます」と笑みを浮かべた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー5。西村は1メートル半のバーディーを決め、勝利に華を添えた。右手を高く挙げ、キャディーとハグ。大きな拍手を送る中には、母・枝里子さんの姿もあった。西村はそれがうれしかった。

「こんなに大勢の方の前で勝つのも初めてですし、母の前で優勝できたのも初めてです。父はきっと、家でテレビを見ながらハラハラドキドキしていたと思います(笑)」

 昨年5月9日、母の日に国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯を制した。だが、同年6月20日の父の日に開催されたニチレイレディスは60位。父・武彦さんから「父の日には何もないんか!」と冗談交じりに突っ込まれた。それだけに「これでいい報告ができます。今の自分があるのは、両親のおかげなので」と親孝行ができて声を弾ませた。

 父に対し、もう一つ胸を張れることがある。連絡を取ると、「ボギー打ちすぎ」と指摘されていた。しかし、初日から堂々のボギーなしで優勝。資料が残る1990年以降では、ツアー史上12人目だ。「父に自慢したいです」。特に14番パー4で3メートル、下りスライスを決めたパーパットを「一番大きかったです」と実感を込めた。

「(ボギーなしを)強く意識していたわけではないですが、伸ばし合いだったので、厳しいパットが入る度に『これはデカい』と思っていました」

 続く15番パー4では、森田遥のボギー以上が確定した後、7メートルのバーディーパットを沈めて逆転。180ヤードの17番パー3では、第1打をピン下50センチにつけ、森田を突き放すバーディーを奪った。

「17番は9ウッドでちょうどの距離なのですが、優勝争いをしている時はいつもより飛ぶ傾向にあるので、球筋を(持ち球のドローから)ストレートにして、キャリーを抑える感じで打ちました。それでピッタリでした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集