[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜に突き放された2位森田遥 強さを称賛「優菜ちゃんはやっぱり上手かった」

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た森田遥(新英ホールディングス)は4バーディー、1ボギーの69で通算14アンダーの2位。優勝した西村優菜(スターツ)に3打届かなかった、1打リードの15番パー4では、第2打をシャンクして痛恨のボギー。2017年8月の北海道meijiカップ以来となる約5年ぶりのツアー通算2勝目は逃したが、今季初の優勝争いを「自信になりました」と前向きにとらえた。

ニチレイレディス、通算14アンダーの2位となった森田遥【写真:Getty Images】
ニチレイレディス、通算14アンダーの2位となった森田遥【写真:Getty Images】

ニチレイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た森田遥(新英ホールディングス)は4バーディー、1ボギーの69で通算14アンダーの2位。優勝した西村優菜(スターツ)に3打届かなかった、1打リードの15番パー4では、第2打をシャンクして痛恨のボギー。2017年8月の北海道meijiカップ以来となる約5年ぶりのツアー通算2勝目は逃したが、今季初の優勝争いを「自信になりました」と前向きにとらえた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最後に突き放された。単独首位で迎えた15番パー4。森田が50度ウェッジで放った第2打は、右斜め前方の林へと向かった。観客も唖然とするミス。森田は振り返った。

「シャンクです。実は今週3回目です。2日前(初日)に2回やっちゃっています。ちょっと、取り組んでいることを大袈裟にやり過ぎた感じです」

 林からの第3打はグリーン手前のバンカーへ。ダブルボギーになるピンチだったが、2メートルのパットを決めてボギーにした。その後も「まだ追いつける」と攻めの気持ちだったが、17番パー3で西村にバーディーを決められた際は「まさか」と驚いたという。

「伸ばし合いなのは分かっていましたけど、最終日にノーボギーの6アンダーで回るのは簡単なことではないです。優菜ちゃんは、やっぱり上手かったです」

 勝者を称えた25歳。その上で前半に4バーディーを奪い、2打リードの単独首位で折り返したことも踏まえ、「自分らしいアップダウンのあるゴルフ」と表現。心境を問われると、「(悔しさと達成感の)間ぐらいですかね。半分半分です」と明かした。

 ただ、今季初めて優勝争いに加わったことをプラスにとらえていた。「この位置でしか味わえない雰囲気とかシチュエーションがあるので、それはすごく自信になりました」。今季平均パット数(1ラウンドあたり)は、27.2683で全体1位。好調なパットとつかんだ自信を胸に森田は、優勝に再挑戦する。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集