[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳新人・佐藤心結は自己最高5位 首位で迎えた最終日前夜は「グッスリ」の大物感

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た新人・佐藤心結(ニトリ)は2バーディー、2ボギーの72で回って通算11アンダーの5位だった。高3で出場した昨年10月のスタンレーレディス以来、首位で迎えた最終日。ツアー初優勝は飾れなかったが、大観衆の中でプレーできたことを喜び、「この経験が今後に生かせる」と前を向いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

ニチレイレディス、通算11アンダーで自己最高5位だった佐藤心結【写真:Getty Images】
ニチレイレディス、通算11アンダーで自己最高5位だった佐藤心結【写真:Getty Images】

ニチレイレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た新人・佐藤心結(ニトリ)は2バーディー、2ボギーの72で回って通算11アンダーの5位だった。高3で出場した昨年10月のスタンレーレディス以来、首位で迎えた最終日。ツアー初優勝は飾れなかったが、大観衆の中でプレーできたことを喜び、「この経験が今後に生かせる」と前を向いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 18歳の佐藤は、同じ最終組で西村優菜、森田遥がスコアを伸ばす中、懸命にパーを拾い続けた。苦手にしていたアプローチを寄せ、9番パー4では4メートルのパーパットを決めた。右手でガッツポーズ。ボギーは2つ打ったが、後半のパー5では飛距離を生かして2バーディーを奪った。それが収穫だった。

「悔しい部分は残りますが、まだまだ力不足です。優勝は簡単にはできないですし、『そんなに甘くない』と思いましたが、スコアを落とさずに上がれたのは良かったです」

 昨年10月のスタンレーレディス最終日は首位タイでスタート。渋野日向子、木村彩子、ペ・ソンウとのプレーオフに進出した。結果は渋野に敗れて2位だったが、無観客試合だった同大会とこの日では感覚が違ったという。

「すごく楽しめました。去年の優勝争いより、緊張はありましたけど、それが楽しかったです。そこは本当に良かったです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集