[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜアウトに? 一塁コーチに原因があった“奇妙な併殺”に米驚き「野球は面白い」

米大リーグで“奇妙な併殺”が生まれた。ブレーブスの打者が、18日(日本時間19日)の敵地カブス戦で1死一塁からポテンヒット。一塁走者が二塁でフォースアウトになった後、打者走者は一塁に間に合ったのに2つ目のアウトを取られた。SNS上で動画が拡散。米ファンからは「何が起きたのか分からなかった」「野球は面白い!」と驚きの声が上がった。

ブレーブスのアダム・デュバル【写真:ロイター】
ブレーブスのアダム・デュバル【写真:ロイター】

1死一塁から起きた珍事とは

 米大リーグで“奇妙な併殺”が生まれた。ブレーブスの打者が、18日(日本時間19日)の敵地カブス戦で1死一塁からポテンヒット。一塁走者が二塁でフォースアウトになった後、打者走者は一塁に間に合ったのに2つ目のアウトを取られた。SNS上で動画が拡散。米ファンからは「何が起きたのか分からなかった」「野球は面白い!」と驚きの声が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 0-2の2回1死一塁。ブレーブスのアダム・デュバルが放った打球は、右前にポテンヒット。打球を拾った一塁手が二塁に送球し、一塁走者はフォースアウトになった。さらに一塁に送球され、ベースについていた打者走者にタッチ。しかし、アウトが宣告された。

 理由は一塁コーチ。デュバルは一塁付近でフォースアウトを見届けると、なぜかベンチに戻ろうとしてしまったのだ。ここでエリック・ヤング一塁コーチが押し出すように帰塁を促したのが原因。インプレー中の接触でアウトになった。

 米メディアなどがSNSに動画を投稿。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、ツイッターに動画付きで「朗報:打球が野手の間に落ちた 悲報:コーチが塁に戻るよう促したので併殺に」と記した。コメント欄には「何が起きたのか分からなかった」「野球は面白い!」「本日の走塁レッスン」と注目を集めた。

 相手のカブス専門メディア「ブリーチャーネーション」も動画付きで記事を掲載した。「カブスは恥ずかしいプレーをしたが、どうにか最高のプレーにした」との見出しで報道。「コーチは走者に接触して走塁を手助けすることはできない」とルールを紹介していた。

 チャンスを広げられなかったブレーブスは、3-6で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集