[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、TKO負け直後の控室で“最大のミス”明かす「殴り合いが好き。私の欠点です」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦(7日・さいたまスーパーアリーナ)は井上尚弥(大橋)が2回TKO勝ち。日本人初の3団体統一を成し遂げた。一方、敗れた元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)は、母国メディアに「試合が始まると殴り合いたくなってしまった」と敗因を告白している。

井上尚弥に敗れたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥に敗れたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

現役続行も匂わす「また立て直す」

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦(7日・さいたまスーパーアリーナ)は井上尚弥(大橋)が2回TKO勝ち。日本人初の3団体統一を成し遂げた。一方、敗れた元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)は、母国メディアに「試合が始まると殴り合いたくなってしまった」と敗因を告白している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上は、初回終了間際に右ストレートでダウンを奪取。2回も猛攻を仕掛けると、ロープ際に追い込んでラッシュ。2度目のダウンを奪って勝負は決した。地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」は「ドネアが計画から外れたことを認める」との見出しで記事を掲載。試合後の控室でのドネアのコメントを紹介した。

 記事によると、ドネアは「初回に強烈なパンチを食らってしまいました。カウンターを狙ったのですが、全く見えていませんでした」と井上の右ストレートに脱帽。「序盤にゲームプランを遂行しませんでした。素晴らしいゲームプランとともにリングに上がったんです。厳しいトレーニングを積んでとても自信がありました。今までに無いほど体の状態が良かったのです」とも話しているが、思わぬ落とし穴があったようだ。

「しかし、試合が始まると殴り合いたくなってしまったのです。これは自分の一部なんです。取っ組み合いのような殴り合いが好きですから。最大のミスでした。私の最大の欠点です」

“本能”が目を覚ましてしまったドネア。「健康でいられることに感謝しています。イノウエには最大の賛辞を送ります。最初のダウンでもらったパンチは、今まで受けた中で最も強烈でした。倒れたことすら分かりませんでした。イノウエは倒せる力があるし、彼はやるべきことをやりました」と井上を称賛し、「これも成長の一部です。また立て直して大局を見ますよ」と現役続行を匂わせていたようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集