[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜が初日「65」暫定首位 全米から7日帰国のハード日程「グッスリ眠れました」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算4勝の西村優菜(スターツ)は、8バーディー、1ボギーの65で7アンダーと好発進した。ホールアウト時点では暫定首位。前週に出場した全米女子オープンは予選落ち。7日に帰国したばかりだが、戦う中で強豪選手たちが見せる「淡々と楽しむ」姿勢を意識したことが、ビッグスコアにつながったという。

宮里藍サントリーレディス、7アンダーと好発進を決めた西村優菜【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス、7アンダーと好発進を決めた西村優菜【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス初日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算4勝の西村優菜(スターツ)は、8バーディー、1ボギーの65で7アンダーと好発進した。ホールアウト時点では暫定首位。前週に出場した全米女子オープンは予選落ち。7日に帰国したばかりだが、戦う中で強豪選手たちが見せる「淡々と楽しむ」姿勢を意識したことが、ビッグスコアにつながったという。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 西村はスッキリした表情で会見席に座った。前日のプロアマ戦後は少し眠たそうな目をしていたが、この日は一転。米国ではシャワー生活だったが、8日は15分ほど湯船に浸かったという。「久しぶりにお風呂につかって、グッスリ眠れました。爆睡でした」と声を弾ませた。

 プレー内容も完璧に近かった。スタートの10番パー4で10ヤードのアプローチを入れてチップインバーディー。これで勢いに乗り、ショットをピンに寄せ、バーディーを量産した。18番、2番のパー4では短めのバーディーパットを外したが、「気にしない」と自分に言い聞かせた。

 前週、好調を維持して出場した全米女子オープンは予選落ちに終わった。硬いグリーン周りでのアプローチに苦戦したことが要因だった。そして、強豪選手と自身の違いに気づいたという。

「私は1つのミスを気にしていましたが、海外の選手たちは淡々とプレーを楽しんでいました。優勝したミンジー・リーさんも結構、短いパットを外していましたが、それでも『別に気にしない』という感じでした。今日はそうした目に焼き付けたものを意識しながら、プレーしていました。(久々のビッグスコアは)うれしいです」

 全米女子オープン予選落ち後は、2日間会場に残って練習。繰り返したショットとアプローチ練習の成果も、この日に出たという。「ショット練習は縦距離を意識したので、今日はそれがはまりました」。会場のアプローチ練習グリーンはコースと同様に硬く、周りの芝が薄かったことから、西村は「今日はボールがすごく浮いた感じがして、イージーに感じました」とも表現した。

 今季初の関西での大会。大阪・堺市出身の西村は「18ホール、ずっとついて応援してくださったギャラリーの方もたくさんいて、うれしかったです」と感謝の思いを口にした。世界の舞台で多くを学んだ21歳。切り替えのマインドを意識し、「明日も楽しんで、60台を目指してプレーしたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集