[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥撃破は既定路線 ドネアが宣言「“もし”ではなく、“いつ勝つか”なんだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体王座統一戦に臨む。前回2019年の対戦で井上に判定負けした39歳のドネアはリベンジに自信。その先の4団体統一まで意欲を示した。

39歳ノニト・ドネアはリベンジに自信【写真:Getty Images】
39歳ノニト・ドネアはリベンジに自信【写真:Getty Images】

ドネアが4団体統一も視野「目指してきた」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体王座統一戦に臨む。前回2019年の対戦で井上に判定負けした39歳のドネアはリベンジに自信。その先の4団体統一まで意欲を示した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 3団体統一を目指すドネアは、所属する米プロモート会社「プロベラム」の公式サイトに登場した。「『“もし”ではなく“いつ”』 ノニト・ドネアがナオヤ・イノウエとの再戦の後、ポール・バトラーとの4団体統一戦を希望」と見出しを打った記事を掲載。打倒・井上について、「“もし”イノウエに勝つなら、ではなく“いつ”イノウエに勝つか、なのです」と勝利は“既定路線”と強調したようだ。

 さらに、今後の青写真にも言及。同じプロベラムに所属するWBO王者バトラー(英国)について「ポール・バトラーはジョナス・スルタン相手に素晴らしい試合をしました。彼の勝利を祝福します」とコメント。「キャリアを通じて、私は4団体統一王者になることを目指してきました。私がそのベルトを見ることになるでしょう」と井上戦後の4団体統一にまで視線を向けた。

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で相まみえた前戦。ドネアは11回に左ボディーでダウンを奪われ、0-3の判定負けを喫した。海外メディアなどから年間最高試合に選出され、「ドラマ・イン・サイタマ」と呼ばれた名勝負。今回の試合はPrime Videoにて「Prime Video presents Live Boxing」として独占ライブ配信される。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集