[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、8アンダー暫定首位 悪天候遅延も“3時間寝直し”で対処「伸ばせて嬉しい」

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディス第2日が27日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。昨夜からの悪天候でスタート時間が午前8時から同11時30分に変更。5位から出た小祝さくら(ニトリ)は、6バーディー、1ボギーの67で通算8アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に立った。持ち球のドローから「フェードのイメージ」にしたことでショットが絶好調。来週の全米女子オープン(6月2~5日)出場前に、今季初優勝を視野に入れた。

10番ホールに立つ小祝さくら【写真:Getty Images】
10番ホールに立つ小祝さくら【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス第2日

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディス第2日が27日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で行われた。昨夜からの悪天候でスタート時間が午前8時から同11時30分に変更。5位から出た小祝さくら(ニトリ)は、6バーディー、1ボギーの67で通算8アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に立った。持ち球のドローから「フェードのイメージ」にしたことでショットが絶好調。来週の全米女子オープン(6月2~5日)出場前に、今季初優勝を視野に入れた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終9番パー4。小祝は2.5メートルのバーディーパットを右に外しても笑顔だった。その前の6、7、8番で3連続バーディーを決めていたからだ。

「あれは大きかったですし、バックナインで伸ばせてうれしかったです。ホールアウトできたことも良かったです」

 昨夜からの大雨で全体のスタートが3時間半遅れた。当初は8時20分のスタート予定で午前4時には起床していたが、大会側からの連絡を受け、3時間ほど寝直したという。かつては同様の遅延ケースで、「早目にコースに着いて、車の中で疲れていました」というが、ツアー生活を重ねてコンディション維持の対処もできるようになった。

 前週のブリヂストンレディスでは予選落ち。土日に兵庫県に住む吉田直樹コーチのもとを訪れた。今季からの新コーチだが、「今はドローがきつくなっているから」と、今週はフェードのイメージでショットを打つことを徹底するように提案されたという。ドローとフェードでは全く体の使い方が違うが、器用な小祝は「左に振り切る」ことを意識してショットが安定。特にドライバーに関しては「自分でもこんなに真っすぐいくんだなと思いました」と喜んだ。

 今季初勝利&ツアー通算7勝目まで残り36ホール。本人は「まだ、2日目なので優勝は意識していません」と言った。プレー以外で気になっているのが渡米の準備で「今週、移動の時に着るズボンとかジャージを買い替えるつもりが、そういう店がなかなかなくて……」と嘆き。宿舎から富士山が見えず、「山梨に来た感じがしない」とも言ったが、マイペースな小祝は目標の「1日4アンダー」をやり遂げ、渡米前に最高の笑顔を見せるつもりだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集