[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をPFP1位選出 英記者が力説する強さ「ドネア戦は傑作」「違った能力見せる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年ぶり2度目の対戦に注目が集まるが、英記者は自身のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を1位に。カネロ、フューリーといった猛者以上の評価を与えた理由も語っている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

BBC記者が井上を独自PFP1位に

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年ぶり2度目の対戦に注目が集まるが、英記者は自身のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を1位に。カネロ、フューリーといった猛者以上の評価を与えた理由も語っている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 井上を高評価したのは、英公共放送「BBC」でボクシング担当を務めるマイク・コステロ記者だった。全階級のボクサーを格付けした独自のPFPにおいて、1位に井上、2位に世界スーパーミドル級で4団体統一を成し遂げたカネロことサウル・アルバレス、3位にWBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリーを挙げている。

 BBCのラジオ局「ライブ5」公式ツイッターが公開した動画内で、コステロ記者は2019年5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝を回顧。井上が当時のIBF王者エマヌエル・ロドリゲスに2回TKO勝ちしたことについて「ロドリゲスとの試合では凄い一発、ボディショットを放ったんです。あの勝利には実況席は『これが彼の勝ち方』と評していました」と振り返っている。

 同記者はさらに、2018年のWBSS同級1回戦で、フアン・カルロス・パヤノにわずか70秒でKO勝ちしたしたことにも言及。「ドミニカ人のパヤノと戦った際には、右と左のコンビネーションで初回に倒しました。相手を惑わす見事な攻撃でした」と称えている。

 2019年11月のドネアとの第1戦に関しても「初回や2回ですぐ倒すイノウエですが、2019年のノニト・ドネアとの戦いは傑作です。彼はまた違った能力をみせます。全体を通してダメージを与えられるボディーを打っていました。長丁場であっても戦えるのです」とコステロ記者は語った。数々の圧勝を収めている井上だが、長期戦においても優れていることに惚れ込んでいた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集