[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が食らった強烈な右 WBSSが回顧したドネア戦の一撃に反応「もう貰わんよ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年前に対戦した際には井上が判定勝ちを収めたが、ドネアの強烈なパンチを顔面に受けるシーンも。右ストレートを被弾した映像に対し、井上は「もう貰わんよ」と反応している。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

井上は6月7日にドネアと再戦

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年前に対戦した際には井上が判定勝ちを収めたが、ドネアの強烈なパンチを顔面に受けるシーンも。右ストレートを被弾した映像に対し、井上は「もう貰わんよ」と反応している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2019年11月に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝。井上は当時36歳のドネアと激戦を繰り広げた。12ラウンドに及ぶ死闘の末、井上が3-0の判定勝利を収めたが、この試合は多くの海外メディアから「年間最高試合」と評された。

 9回、ドネアは右ストレートを井上の顔面に浴びせている。井上もバランスを崩すほど強烈な一撃で、スロー映像で見るとより衝撃が伝わってくる。WBSS公式ツイッターがこのシーンに再脚光した。実際の映像を公開すると、井上は引用リツイートする形で反応。「もう貰わんよ」と文面に記した。

 ドネアは「閃光」の異名を持つレジェンド。昨年5月にウーバーリを4回TKOで下して王座返り咲きを果たし、同12月にはレイマート・ガバリョに4回途中KO勝ちで初防衛を果たすなど衰えを知らない。2度目の対戦でも井上の勝利なるか注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集