[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

補殺で160キロを計測 フィリーズ29歳の強烈バックホームに米注目「ワオ、ミサイルだ」

米大リーグ・フィリーズの強肩外野手が、23日(日本時間24日)のブレーブス戦で魅せたバックホーム送球が現地で話題だ。助走をつけて捕球し、鋭い返球で得点を狙ったランナーを刺したが、球速がほぼ100マイル(約161キロ)だったと紹介された。米ファンからは「スナイパーだ」「アメージング」と驚きの声が上がっている。

フィリーズのロマン・クイン【写真:Getty Images】
フィリーズのロマン・クイン【写真:Getty Images】

フィリーズ・クインの強烈な返球が現地で話題

 米大リーグ・フィリーズの強肩外野手が、23日(日本時間24日)のブレーブス戦で魅せたバックホーム送球が現地で話題だ。助走をつけて捕球し、鋭い返球で得点を狙ったランナーを刺したが、球速がほぼ100マイル(約161キロ)だったと紹介された。米ファンからは「スナイパーだ」「アメージング」と驚きの声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 強肩で魅せたのはフィリーズの外野手ロマン・クインだった。初回1死二塁の場面。ブレーブス3番のオズナが中前打。二塁走者のコントレラスがホームを狙った。深めに守っていた中堅手クインは助走をつけて捕球すると、勢いをつけてバックホーム。低く投じられたボールは2バウンドでホームに達し、タッチアウト。得点を防いだ。

 米国の中継放送では、この送球が99.9マイル(約160.7キロ)だったと紹介。MLB公式ツイッター、インスタグラムでも実際の動画が公開された。米ファンからは「スナイパーだ」「ワオ、ミサイルだ」「アメージングだ」「エゲツない」「名前覚えた」などとコメントが書き込まれていた。

 補殺を記録したクインは俊足も武器の29歳。失点を防いだフィリーズはその裏に3点を先制するなど、7-3で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集