[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米大学野球で塁審が物議 ランナーを妨害→アウト宣告で米メディア「おかしなショー」

米大学野球の試合で、塁審が走塁を“妨害”するまさかの出来事が起きてしまった。走路に立っていたため、一塁を回った打者走者と激突。二塁に向かったが、タッチアウトでゲームセットとなった。しかもシーズン最後の試合での出来事で、後味の悪い展開を米メディアは「おかしなアンパイアのショー」と伝えている。

米大学野球で塁審が打者走者を“妨害”(画像は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターのスクリーンショット)
米大学野球で塁審が打者走者を“妨害”(画像は「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターのスクリーンショット)

激突した打者走者は転倒→二塁タッチアウト

 米大学野球の試合で、塁審が走塁を“妨害”するまさかの出来事が起きてしまった。走路に立っていたため、一塁を回った打者走者と激突。二塁に向かったが、タッチアウトでゲームセットとなった。しかもシーズン最後の試合での出来事で、後味の悪い展開を米メディアは「おかしなアンパイアのショー」と伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 審判がまさかの形で試合を終わらせてしまった。ノースイースタン州立大は、ヘンダーソン州立大を相手にリードを許す展開。9回に7-11と4点差に迫り、なおも9回2死満塁のチャンスを作った。ここで2番打者ブレーズ・ブラザーズの打球が左中間を破った。走者一掃で1点差に迫り、なおも同点のチャンス……かと思われたが、打者走者のブラザーズがやけに遅れて二塁にスライディング。タッチアウトで試合終了となってしまった。

 遅れた原因は一塁塁審だった。ブラザーズが一塁ベースを回ったところで、何故か走路に立っていたため激突。両者転倒し、信じられない様子だったブラザーズは二塁に向かうも間に合わなかった。ベンチから飛び出して抗議した監督は、別の審判に退場にされてしまった模様だ。

 米メディア「ブロバイブル」は「大きな衝突とばかげた判定というおかしなアンパイアのショーによって、大学野球部のシーズンが終了」との見出しで記事を掲載した。追い上げていたノースイースタン州立大について「歴史的に最高なシーズンをおかしな方法で終了させられてしまった。38勝18敗という過去20年でも最高のシーズンを送っていたが、さらに良い成績を残すチャンスを奪われた」と伝えている。

 記事では、最後のアウトを宣告したのが、皮肉にもぶつかった一塁塁審だったことも紹介。「しかし、その塁審は走者をアウトにした」「なんと残念。ノースイースタン州立大が可哀相だ」と同情していた。審判の判定などが米大リーグ(MLB)でも今季は度々話題となっているが、今回の一部始終はツイッター上でも動画が拡散されており、米国のユーザーから非難の声が書き込まれている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集