[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

栃木県民の健康維持・促進へ 大塚製薬とバスケ・宇都宮ブレックスが強力タッグ結成

大塚製薬株式会社とプロバスケットボールチーム「宇都宮ブレックス」は、自治医科大学整形外科や栃木県臨床整形外科医会などの協力と、栃木県の後援を得て、県民の健康維持・推進を目的としたロコモティブシンドロームの予防啓発プロジェクト「ずっと、イキイキ! プロジェクト」を発足した。

大塚製薬株式会社と宇都宮ブレックスが「ずっと、イキイキ! プロジェクト」の発足を発表した
大塚製薬株式会社と宇都宮ブレックスが「ずっと、イキイキ! プロジェクト」の発足を発表した

大塚製薬と宇都宮ブレックスがプロジェクト発足

 大塚製薬株式会社とプロバスケットボールチーム「宇都宮ブレックス」は、自治医科大学整形外科や栃木県臨床整形外科医会などの協力と、栃木県の後援を得て、県民の健康維持・推進を目的としたロコモティブシンドロームの予防啓発プロジェクト「ずっと、イキイキ! プロジェクト」を発足した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 プロジェクトの立ち上げに合わせ、23日にブレックスアリーナ宇都宮で行われた同チームのホームゲーム(秋田ノーザンハピネッツ戦)に冠協賛し、スタートセレモニーを開催した。試合前には福田富一県知事らが会見し、宇都宮ブレックス専属チアリーダー「BREXY」がロコモ体操を初披露。ブレックスファンと一体となって、会場を大いに盛り上げた。

 会場には、プロジェクトの発足を記念したフォトスポットも設置された。子供連れの家族や女性の姿も目立ち、多くのブレックスファンが記念撮影。ツイッターに「#ずっとイキイキ」と「#BREX」の2つをつけて写真を投稿した人には、大塚製薬の製品がプレゼントされた。

 新しい生活様式に伴う外出自粛や行動制限により、日常的な運動の機会が減少。ロコモティブシンドローム(運動器症候群:運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態)のリスクが増加した。以前から県民の運動不足が指摘され、2016年に栃木が行った「平成28年度県民健康・栄養調査」では、県民の1日平均歩行数は男性6700歩、女性5771歩と、全国平均(男性:6984歩、女性:6029歩)にいずれも250歩以上少なかった。

 こうした背景を踏まえ、県民の健康課題改善を目的とした「ずっと、イキイキ! プロジェクト」を発足。プロジェクトでは、栃木県の健康寿命日本一を目標に掲げ、県内の団体や企業、医師と連携した取り組みを実施していく。歩数に応じて「宇都宮ブレックス」のオリジナルグッズなどが抽選で当たるキャンペーンを検討中。県内の整形外科医と協力し、プロジェクトの情報発信を推進していく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集