[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシングヘビー級王者、115kg挑戦者を突き飛ばしたTKOに海外衝撃「なんて押し出しだ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、王座防衛に成功した。最後は強烈な右アッパーから両手で突き飛ばすようにダウンを奪い、豪快な決着。ボクシングファンは「なんという押し出し」「突き飛ばしによるダウン」と“決まり手”に驚いている。

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、タイソン・フューリーは6回TKOでディリアン・ホワイトを下した【写真:AP】
WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、タイソン・フューリーは6回TKOでディリアン・ホワイトを下した【写真:AP】

フューリーがホワイトに6回TKO勝ち、強烈アッパーから挑戦者を「押し出し」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、王座防衛に成功した。最後は強烈な右アッパーから両手で突き飛ばすようにダウンを奪い、豪快な決着。ボクシングファンは「なんという押し出し」「突き飛ばしによるダウン」と“決まり手”に驚いている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ウェンブリースタジアムで9万人の度肝を抜く決着だった。6回、終始主導権を握っていたフューリーは強烈な右アッパーを顎に打ち込んだ。ダメージを負ったホワイトの足が止まる。次の瞬間だ。フューリーは両手で突き飛ばすように相手を押した。すでに戦意を失っていたホワイトはそのまま仰向けに倒れ込んだ。昏倒した挑戦者はダメージが色濃くTKOに。スタジアムに衝撃をもたらした。

 米興行大手「トップランク」公式ツイッターが速報した決着シーンには「強烈なアッパーカットだ」「最高のKO」「歴史に残る一撃」「レベルが違う」と右アッパーに衝撃を受けたほか、試合前の計量で114.9キロだったホワイトを突き飛ばしたシーンに注目したファンも。「ホワイトは押し出されたね」「なんという押し出しだ」、日本人からも「効いた後の突き飛ばしによるダウンでした」との声が上がっていた。

 これで32戦32勝(23KO)1分け。デオンテイ・ワイルダー(米国)との名勝負を演じるなど、ヘビー級戦線で無敗を誇ってきた33歳は試合後に引退を示唆。恒例の熱唱パフォーマンスも披露した。母国のスタジアムでフューリー劇場を演じ、熱狂を巻き起こした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集