[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗「自分に自信がない部分」との闘い 理想の“2分の1”から海外連戦での復調決意

バドミントン日本A代表が23日、アジア選手権(26日開幕、マニラ)に向けて出国した。大会後はバンコクへ移動して、男女団体トマス&ユーバー杯(5月8日開幕)に参加、さらに当地でタイオープン(5月17日開幕)に出場するため、1か月にわたる海外遠征となる。

アジア選手権に向けて出国した桃田賢斗【写真:平野貴也】
アジア選手権に向けて出国した桃田賢斗【写真:平野貴也】

1か月にわたる海外遠征へ出発、初戦のアジア選手権では3連覇に挑戦

 バドミントン日本A代表が23日、アジア選手権(26日開幕、マニラ)に向けて出国した。大会後はバンコクへ移動して、男女団体トマス&ユーバー杯(5月8日開幕)に参加、さらに当地でタイオープン(5月17日開幕)に出場するため、1か月にわたる海外遠征となる。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 団体戦で男子チームの主将を務める桃田賢斗(NTT東日本)は「大会を開催してもらえるのは、嬉しいこと。以前の状況を考えると幸せなことなので、一戦一戦、大事に戦っていきたい」と意気込みを語った。初戦となるアジア選手権では優勝候補として3連覇に挑むが、渡航前に成田空港で取材に応じた桃田は「理想が100だとしたら? 今は、50くらいじゃないですか。ちょっと今、自分に自信がない部分、メンタル的な部分がすごく大きいのではないかと思います」と不安を抱えていることを打ち明けた。

 桃田は、絶好調だった東京五輪前との比較にさらされ、メンタルコンディションに不安を抱えている。東京五輪の金メダル候補として注目されていた2019年には、通算64勝5敗と圧倒的な強さを誇り、ギネス記録となる主要国際大会11度優勝を成し遂げた。しかし、20年1月にマレーシアで運転手が死亡するほどの交通事故に遭い、目の手術などで長期ブランクを余儀なくされてからは敗戦が増加。国際舞台に復帰した21年3月以降は、まさかの予選敗退を喫した東京五輪の試合も含めて18勝9敗。3年以上堅持した世界ランク1位も昨年11月に陥落した(現在は2位)。

 同じ昨年11月にはインドネシアマスターズで1年10か月ぶりとなるワールドツアー優勝を果たしており、まったく勝てなくなったというわけではないが、12月には腰痛を発症し、BWFワールドツアーファイナルズを棄権。世界選手権も欠場した。国際大会の復帰戦となった今年3月の全英オープンは、準々決勝で敗退。フィジカルのコンディションも安定せず、コンスタントに成績を残せていない。

 19年の超人的な連勝劇が作り出した、勝って当たり前のイメージとの比較では「勝てなくなった」印象は否めない。桃田は「自分もあの(勝ち続ける)経験をして、周りの方もあの時(19年)を見ているので、やっぱり(当時より)調子が悪いんじゃないかとか、あの時の(強い)桃田はもういないんじゃないか、みたいなコメントを目にするのは、ちょっと悲しいですけど、そこは意識し過ぎずにやりたい。今の自分は、今の自分でしかないので、今できることを全力で出し切りたい」と自身が置かれている立場と向き合った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集