[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

顔面死球から今季MLB初の乱闘寸前の事態に 米ファン驚き「ヤバイ」「これは恐ろしい」

開幕したばかりの米大リーグで今季初の乱闘寸前の事態となった。8日(日本時間9日)、ナショナルズ―メッツ戦でメッツのフランシスコ・リンドーア内野手が顔面に死球を受け、両軍がベンチを飛び出して一触即発のムードに。最終的に投手は退場処分となった。

死球を食らったメッツのリンドーア【写真:AP】
死球を食らったメッツのリンドーア【写真:AP】

ナショナルズ―メッツ戦で一触即発の展開

 開幕したばかりの米大リーグで今季初の乱闘寸前の事態となった。8日(日本時間9日)、ナショナルズ―メッツ戦でメッツのフランシスコ・リンドーア内野手が顔面に死球を受け、両軍がベンチを飛び出して一触即発のムードに。最終的に投手は退場処分となった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ヒヤリとする場面だった。メッツが1点リードした5回2死二塁、左打席のリンドーアがバントの構えを見せた。しかし、ナショナルズの右腕シーシェクが投じた速球はあろうことか、顔面付近へ。これをよけられず、死球を受けたリンドーアはうつ伏せになり、しばらく立ち上がることができず。メッツのショーウォルター監督がベンチを飛び出すと、これをきっかけに両軍ベンチもグラウンド上へ。激しくもみ合い、乱闘寸前となった。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」ツイッターは実際の様子を掲載。ファンからは「とんでもない球だ」「これは恐ろしい」「こんなの見たくない」「これはヤバイ」「耐えられない」と驚きの声が続々と上がっていた。

 その後、退場処分となった投手のシーシェク。ただし、地元放送局「MASN」のマーク・ザッカーバーグ記者は「スティーブ・シーシェクは退場になったが、リンドーアにぶつけたことが原因ではない。その後の行動が原因で退場になった」とツイートし、審判団のコメントを画像で掲載。ベンチに下がることなく、乱闘の方へ向かっていったたためで、死球自体が退場の原因ではないという。

 スポーツ専門局「ESPN」によると、試合後に「彼に当ててしまった時、驚いた」と語ったシーシェク。「顔や頭にぶつけたとは思っていない。彼が大丈夫かどうかと思って、(打者の方へ)歩いて行った。でもそれは悪い考えだったと思う。なぜならそれで相手ベンチをエキサイトさせてしまったのだから」と弁明したといい、リンドーアの状態を確認に行こうとしたところ、乱闘に加わったとみなされ、退場処分になったようだ。

 試合はメッツが7-3でナショナルズを下している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集