[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いわき出身の岸部桃子3位浮上 キャディーは苦楽を共にした妹「今も一緒に住んでます」

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第2日が9日、埼玉・石坂GCで行われた。27位から出た岸部桃子(塩田建設)は、7バーディー、2ボギーの67で回って通算6アンダー。首位で通算8アンダーの鈴木愛に2打差の3位につけた。福島県いわき市の出身で、2011年に発生した東日本大震災で被災。今大会では、妹でティーチングプロの岸部華子がキャディーを務めており、苦楽を共にした姉妹でツアー初優勝を目指す。2位は通算7アンダーの大里桃子、岸部と同じ3位には上田桃子もつけている。

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、首位と2打差の3位につけた岸部桃子【写真:Getty Images】
富士フイルム・スタジオアリス女子オープン、首位と2打差の3位につけた岸部桃子【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第2日が9日、埼玉・石坂GCで行われた。27位から出た岸部桃子(塩田建設)は、7バーディー、2ボギーの67で回って通算6アンダー。首位で通算8アンダーの鈴木愛に2打差の3位につけた。福島県いわき市の出身で、2011年に発生した東日本大震災で被災。今大会では、妹でティーチングプロの岸部華子がキャディーを務めており、苦楽を共にした姉妹でツアー初優勝を目指す。2位は通算7アンダーの大里桃子、岸部と同じ3位には上田桃子もつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 岸部は妹の華子と一緒と戦っていた。2歳下で、日本女子プロゴルフ協会のティーチングプロだ。岸部は妹への感謝を込めて言った。

「この試合は前から妹がキャディーをやってくれることになっていました。今も一緒に住んでいますし、私を知り尽くしていて、いいタイミングで水をくれたりしました。メンタル的に助かりました」

 バーディーを奪うと共に笑顔になり、かつてツアープロを目指した華子も「楽しい」と喜んだ。東日本大震災での被災から11年、プロテスト合格して10年の岸部は今季好調でこの日もベストスコアタイの67。会心の18ホールを「武器であるアプローチ、パットが決まりました。(予選落ちした)前の2週も内容は悪くなかったので、簡単なミスをなくすことに気を付けて、調子が戻ってきました」と振り返った。

 そして、リーダーズボードを見ると、2位大里桃子、3位上田桃子、岸部桃子と「桃子」が並び、岸部は初めての最終日最終組を大里と回ることになった。ちなみに、岸部の名前の由来は「中国で桃が縁起がいいということで」という。

「いい位置で緊張すると思いますが、また、妹と楽しくやれたらと思います」

 3月16日、宮城県と福島県で最大震度6強の地震を受けた家族も、岸部の頑張りが支えになっている。近くにいる妹、愛する故郷のパワーも力に頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集