[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス大敗、5投手全員失点で13失点&防御率「∞」投手も 今季も中継ぎ陣に不安

米大リーグ・エンゼルスは8日(日本時間9日)、本拠地アストロズ戦に5-13で大敗した。この日は登板した5投手が14安打を浴びて全員が失点。今季初登板で1死も取れず、防御率∞となる投手も現れた。

防御率が∞となったメイヤーズ【写真:Getty Images】
防御率が∞となったメイヤーズ【写真:Getty Images】

大谷翔平今季初安打も中継ぎ陣が大量失点

 米大リーグ・エンゼルスは8日(日本時間9日)、本拠地アストロズ戦に5-13で大敗した。この日は登板した5投手が14安打を浴びて全員が失点。今季初登板で1死も取れず、防御率∞となる投手も現れた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 エンゼルスの先発は、昨年メジャーデビューの22歳左腕デトマーズ。初回先頭のアルトゥーベに先頭打者本塁打を許すなど、4回3安打2失点で降板した。2-2の同点で登板した2番手オルテガも、2イニングでそれぞれ1点ずつ失い、リードを許した。

 7回には8本のヒットを浴びて一挙に8失点。3番手メイヤーズは今季初登板で2安打1四球と1アウトも取れずに降板し、この試合終了時点での防御率は∞となった。4番手ハーゲットも4連打を浴びて4失点。1死をとるだけで降板し、防御率108.00となった。

 残る2回2/3を2失点だった5番手バリアも含め、この日は登板した5投手全員が失点。昨季から課題だった中継ぎ陣が踏ん張れず、アストロズ打線に14安打13得点を許し、本拠地のファンを喜ばせることはできなかった。

「1番・DH」で出場した大谷翔平は第1打席で今季初安打を放ち、5打数1安打だった。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集