[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス連日の“珍送球”で勝ち越し点献上 米記者「守備陣は練習する必要がある」

米大リーグのエンゼルス―アストロズ戦が8日(日本時間9日)に行われたが、エンゼルスはミスもあってリードを許す展開となった。同点の5回、一塁手ジャレッド・ウォルシュが本塁へ悪送球。連日見られることとなった“珍プレー”に「守備陣は送球練習をする必要があるかも」と米記者が指摘している。

エンゼルスの一塁手ジャレッド・ウォルシュ【写真:AP】
エンゼルスの一塁手ジャレッド・ウォルシュ【写真:AP】

堅実な守備をするウォルシュも…

 米大リーグのエンゼルス―アストロズ戦が8日(日本時間9日)に行われたが、エンゼルスはミスもあってリードを許す展開となった。同点の5回、一塁手ジャレッド・ウォルシュが本塁へ悪送球。連日見られることとなった“珍プレー”に「守備陣は送球練習をする必要があるかも」と米記者が指摘している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕戦は大谷翔平投手が先発するも敗戦。この日は2-2と同点の5回1死三塁の守備で、相手打者アルトゥーベが三塁ゴロ。一塁への送球間に、三塁走者のシリが本塁へ突っ込んだ。堅実な守備で定評のある一塁手ウォルシュは本塁へ送ったが、ボールは捕手の遥か上を通過。観客席前のネットに当たってしまい、勝ち越しを許した。

 エンゼルスは前日、レフトで出場していたアデルも本塁と一塁の中間付近へ“珍送球”をしていた。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「エンゼルスの守備陣は送球練習をする必要があるかもしれない」と注目した。

 また米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ジャレッド・ウォルシュは基本的には堅実な守備をするのだが、エアメールスロー(暴投)を見せてしまった」と、ウォルシュには珍しいプレーだったと紹介。米メディア「バーストゥール・スポーツ」公式ツイッターは「これほど不正確な送球をするのは相当難しい」と厳しかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集