[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、SB柳田を手玉にとった“落ちる146km”に衝撃「こんなの無理ゲー」「怪物」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が5日、ソフトバンクとのオープン戦(PayPayドーム)に先発。最速163キロをマークするなど5回2安打無失点、9奪三振の好投を披露した。初回には相手の主砲・柳田悠岐を剛球と変化球で押し切るシーンも。ファンからは「エグすぎ」「こんなの無理ゲー」などと驚愕の声が集まっている。

ロッテの佐々木朗希【写真:宮内宏哉】
ロッテの佐々木朗希【写真:宮内宏哉】

オープン戦初登板の佐々木朗がソフトバンクと対戦

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が5日、ソフトバンクとのオープン戦(PayPayドーム)に先発。最速163キロをマークするなど5回2安打無失点、9奪三振の好投を披露した。初回には相手の主砲・柳田悠岐を剛球と変化球で押し切るシーンも。ファンからは「エグすぎ」「こんなの無理ゲー」などと驚愕の声が集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 オープン戦初登板だった佐々木朗。アクセル全開の20歳は初回、先頭打者から160キロ台を連発。2死を奪うと、強打者・柳田と対峙した。初球はいきなり162キロの内角直球を投げ込み、完全に差し込んでファウル。続く2球目は146キロの落ちる球でタイミングを狂わせ、三ゴロに打ち取った。

 MVPを2度獲得している柳田を手玉に取った佐々木朗。スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターの実際の映像には、驚愕したファンから「エグすぎ」「こんなの無理ゲー」「まさに怪物や」「和製デグロム」「球の走りが大谷翔平とほぼ同じ」「146の変化球ってバケモンやんけ…」「ギータがやられてるわ」「今年の佐々木朗希はかなりやりそう」などとコメントが多く寄せられた。

 佐々木朗は2回にこの日最速の163キロを記録。65球を投げて5回2安打無失点9奪三振という内容だった。試合はソフトバンクが1-0で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集