[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依のSP首位に「朝から泣いた」 レ・ミゼラブル好演で「舞依ちゃん」トレンドに

フィギュアスケートの四大陸選手権は20日(日本時間21日)、エストニア・タリンで女子ショートプログラム(SP)が行われ、2017年女王の三原舞依(シスメックス)が自己ベストとなる72.62点で首位となった。国際スケート連盟(ISU)は鮮やかに決まった連続ジャンプの動画を公開。「息を飲むような演技!」と称賛が送られている。

自己新記録でSP首位に立った三原舞依【写真:AP】
自己新記録でSP首位に立った三原舞依【写真:AP】

四大陸選手権、5年ぶり優勝へ好発進

 フィギュアスケートの四大陸選手権は20日(日本時間21日)、エストニア・タリンで女子ショートプログラム(SP)が行われ、2017年女王の三原舞依(シスメックス)が自己ベストとなる72.62点で首位となった。国際スケート連盟(ISU)は鮮やかに決まった連続ジャンプの動画を公開。「息を飲むような演技!」と称賛が送られている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 5年ぶりの優勝へ好発進だ。シックな色合いの衣装をまとった三原。「レ・ミゼラブル」を華麗に演じた。2回転アクセルに続き、ルッツ―トウループの連続3回転にも見事成功。日の丸も掲出された観客席からは拍手が送られた。後半の3回転フリップも含め、ジャンプは全て着氷。堂々の首位に立った。

 ジャンプ映像を公式ツイッターに公開したISUは、文面で「本当に息を飲むような演技! マイ・ミハラが観客を魅了し、四大陸選手権で首位に立った」と称賛。海外ファンからも「見たいと思える選手」「彼女はいつも全力を尽くしている」「マイ!!」「彼女にふさわしい得点を与えてね」などとコメントが書き込まれた。

 ツイッター上では「舞依ちゃん」がトレンドに入り、日本のファンからは「圧巻でした」「感無量」「朝から泣いてしまった」などと投稿されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集