[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、契約延長の行方 米番記者が超大型契約に否定的な理由「推し計るのは困難」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の契約が米国でも注目を集めている。ロサンゼルス地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者は、読者からの質問に回答。「年平均の史上最高年俸を受け取るとは思わない」などと私見を述べている。

大谷翔平の契約延長について、記者が質問に答える【写真:AP】
大谷翔平の契約延長について、記者が質問に答える【写真:AP】

年平均の史上最高年俸について私見

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手の契約が米国でも注目を集めている。ロサンゼルス地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者は、読者からの質問に回答。「年平均の史上最高年俸を受け取るとは思わない」などと私見を述べている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は2020年オフに新たにエンゼルスと2年契約を集結。ア・リーグMVPを受賞した昨季の年俸は550万ドル(約6億2700万円)とされていた。エンゼルスの番記者を務めるフレッチャー記者は「エンゼルスQ&A:いつショウヘイ・オオタニに契約延長オファーを出すべきか?」と題した記事で、読者からの質問に回答した。

「オオタニと契約延長するベストタイミングはいつ? 彼は年平均での最高年俸を受け取るか」との質問に対し、「一般的に言って、FAとなる2シーズン前が契約延長の良いタイミング」「つまりオオタニとの契約延長は今から2022年シーズンが始まるまでがベスト」と指摘。続けて懸念点を挙げた。

「二刀流選手との契約は前代未聞なため、オオタニの価値を推し計るのが難しい。さらに、彼の4年間のパフォーマンスは波が大きかった。毎年2021年のオオタニなのだろうか?」

 MLBでは現在ロックアウトが実施されており、エンゼルスと大谷の間で契約交渉は行われていない。フレッチャー記者は「全ての不確定様子を鑑みて、私はオオタニが年平均の史上最高年俸を受け取るとは思わない」と“超大型”契約には否定的。しかし、「心配はいらない。彼は大金を手にするだろう」と付け加え、ある程度の大型契約になるとの意見を示した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集