[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の来春統一戦はドネア最有力か 14日に勝てば再戦に障壁なし、WBOは不透明に

ボクシングのバンタム級世界戦線が活発な動きを見せている。11日(日本時間12日)にWBC正規王者ノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(ともにフィリピン)に4回KO勝ち。主要4団体統一を目指すWBAスーパー&IBF世界同級統一王者・井上尚弥(大橋)は、来春に予定する統一戦の相手はドネアが最有力となった。

WBAスーパー&IBF世界同級統一王者・井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界同級統一王者・井上尚弥【写真:AP】

熱いバンタム級世界戦線の展望は

 ボクシングのバンタム級世界戦線が活発な動きを見せている。11日(日本時間12日)にWBC正規王者ノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(ともにフィリピン)に4回KO勝ち。主要4団体統一を目指すWBAスーパー&IBF世界同級統一王者・井上尚弥(大橋)は、来春に予定する統一戦の相手はドネアが最有力となった。

【特集】女子卓球界エースに届いた応援の声 身近に感じるスポーツ支援の輪

 ドネアはガバリョを左ボディーで粉砕。ダウンを奪い、4回KO勝ちで団体内の王座統一に成功した。次に期待されるのは井上との再戦だ。井上は14日にWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(東京・両国国技館)を予定。これに勝てば、来春に計画している統一戦に臨む。

 ボクシングには、WBA、WBC、WBO、IBFの主要4団体が存在。そのうち2つのベルトを持つ井上は、かねてから全てのベルトを統一することを目標に掲げてきた。ターゲットにしてきたのは、WBC王者ドネアとWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。しかし、カシメロは11日(同12日)に予定していた防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。

 WBOはカシメロ陣営に対し、正式な診断書と医療記録を期日まで提出するよう要求。医学的な証明ができなかった場合は、カシメロから王座を剥奪するとした。王座剥奪となれば、カシメロと対戦予定だったWBO1位ポール・バトラー(英国)らによる王座決定戦となるが、バトラーは減量を終えて体に負担を抱えたため、すぐに試合はできないだろう。空位のWBO王座は来春頃に争われる見通しとなる。

 ボクシングでは世界王者が楽な相手との対戦を選び続けることを避けるため、各団体が期日を決めて上位ランカーとの指名試合を義務付ける。仮にカシメロが医学的根拠を示し、WBO王座を保持したとしても、バトラーとの指名試合をクリアしていないため、次戦の相手は他団体王者ではなく指名試合になるのが基本線だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集